転落人生1 借金癖のはじまり

私は今30代半ばのサラリーマンです。

これまで多くの借金をしておりました。

いえ、正直に申し上げると今もしております。

借金、完済、借金、完済の繰り返しである生活をここ10年以上続けております。

今回はその生活のきっかけをお伝えできればと思います。

・転落人生の始まり

当時の私は23歳。大学卒業後2年目の社会人でした。

どちらかというと頭もよく、スポーツも出来て、身長も高く、そこそこイケメンで女性にはもてました。

しかし、その当時私には付き合って6年になる彼女がおりました。

ハーフっぽくて目がクリクリしていてかわいらしく、家柄も良い素敵な女性でした。

わたくしは彼女と結婚するつもりでおりましたが、社会人になってから彼女とは少しずつ距離があくようになっていました。

理由は、私が就職活動に失敗したこと。それにより正直かっこいいとは言えないような仕事をしていたからだと当時は思っていました。

ゴールデンウィークを目前にした5月頭に彼女から電話で「別れたい。」そう告げられました。

私自身、とうとうこの日が来たかと引きとめることすら出来ず、「わかった」とだけ告げ、別れました。

その後、本当に落ち込みました。

仕事にも手がつかず、休日もなんにもやることがない。

そんな中、私は次第にパチンコ、マージャン、競馬とギャンブルにハマっていくのでした。

休日なにもやる事のないさみしさをそれらではらしていったのです。

休みのたびにギャンブルやっていたら、すぐにお金は無くなりました。

その時持っていたとあるクレジットカード2枚。これからキャッシングする事になりました。

限度額等とくに気にしていなかったのですが、合わせて20万の借金に膨れ上がります。

1枚のカードの限度額を50万にまで増やし、合計60万円の借金を作りました。

・借金生活
借りては返し、借りては返し、そんな生活を半年ほど続けました。

毎月毎月少しずつ返済しても、借りてしまう。

ギャンブルを辞めるわけではなく、たまに勝った時にも風俗に使ってしまうという堕落した生活でした。

限度額を100万にまで増やしてしまうかと考えたりもしました。

とにかくどうでもよくなってしまっていたのです。

・立ち直るきっかけ

立ち直るきっかけは、好きな女性が出来た事です。

その彼女は、働いていた会社で事務をしていた女性でした。

新卒2年目を終えようとしていたころ、私は営業として受注の記録を作るチャンスを得ました。

ようやく仕事が楽しいと思えていたころ、その事務の彼女は私を一生懸命フォローしてくれました。

次第に「2000万円達成したら、報奨金で飲みにいこうね」なんて話をするようになり、実際に報奨金でデートをしました。

お互いに好きであり、付き合いたいという気持ちはあったと思います。

しかし、私には借金が。

この借金を返してから、きちんと彼女に告白しよう。そう決意したのです。

結果として、タイミング的にボーナス全て返済にあて、節約し3カ月で60万円を完済。

晴れて彼女に告白し、おつき合いを始めました。

ここで借金は2度としないと決意したのですが。

私の決意は案外もろく、この後も借金を続けてしまうのでした。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ