ブランド物の時計にはまって借金してしまった私

20代、女性、愛知県在住。

・借金がある私。

私には現在多額の借金がありますし、これからもきっと借金をしながら生きていくのだろうと予想しています。

借金は返済をするのは簡単です。

親や知人に泣きついたり、給料を前借したり、副業をしたり、現在家にある贅沢品を売ったりしてお金をかき集めたりすれば完済に近付きますし、そういった事柄をせずとも自己破産をすれば借金から一気に解放されます。

私がそういった事をして借金完済しないのは、完済をしてもこれからもずっと借金をし続けるであろうという見込みがあるからです。

ブランド品にはまっている私は、次から次へと欲しいブランド品が出てくるために、もし自己破産をしてまで借金を完済しても、その欲は治まる事が無く、むしろ自己破産をしてしまった事で借金ができなくなり、ブランド品が購入できなくなったら困る、とまで考えています。

・借金の理由はなんといっても贅沢。

社会人としてデビューし、多額の給料を自由に使えるようになった私は、欲しい物があったら満足行くまで購入し、娯楽も満足するまで楽しむようになりました。

そういった贅沢って、実はキリがありません。

一つの贅沢を楽しめば、次は更なる贅沢を追い求めようとするようになります。

大富豪の人が黄金のシャンデリアなんかを購入していましたが、あまりにも貧しい人からすると、食べられませんし生活の役に立ちませんし、何が良いのか分かりませんが、きっと大富豪は贅沢の末にそういった物に魅力を感じるようになったのです。

私も、昔はブランド品なんて全く興味がありませんでした。

学生時代はお金があれば食費や生活費にしたいと思っていたため、ブランド品を購入する人の気持ちなんて分かるはずがありませんでした。

・ブランド物の時計コレクション。

しかし、社会人となり一気にお金が手に入るようになり、贅沢をして行くにつれ、ブランド品である高級時計のコレクションにはまってしまいました。

その時計を購入するために、私は借金をするようになっていたのです。

借りた先は普通の消費者金融ですが、今では何社からもお金を借りています。

実家暮らしですので、月に自由にできるお金は30万円もありますが全て、贅沢と遊興とブランド物の時計購入の返済に使用しています。

この月30万円を貯金していれば全額でいくらになっていたのか、と時折考える事もあります。

ブランド品を売れば借金が完済できると思うのですが、私は借金完済よりもブランド物を選んでしまいます。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ