パチスロで多重債務に苦しみ、最後はついに・・・

■兵庫県在住 30代 女性

借金の原因

私の借金の原因はパチスロです。

最初は1,000円とか2,000円とかお小遣いの範囲内でのただの時間つぶしの遊びだったんですが、どんどんはまってしまって仕事が休みの日やちょっとでも時間があるとパチスロをしに出かけるようになりました。

友達と遊ぶより断然パチスロの方が楽しかったです。

一人暮らしをしていたので当然パチスロに投入できる金額なんて知れています。
ここからが借金生活の始まりです。

消費者金融の利用

生活費もパチスロに消えていくようになりました。

最初は晩ご飯をカップラーメン1個で我慢するか、と節約をしていましたがそんなことすらできなくなり家賃分にも手をつけるようになったので、お手軽そうな消費者金融でお金を借りることにしました。

最初はプロミスで借りました。

50万円の借り入れをしたんですが、それもパチスロへ投入しました。

でも簡単に大金が手に入ったため金銭感覚がかなりズレてしまい、洋服を買いあさりました。

パチスロと洋服代で50万円はあっという間に消えました。

また生活に困ったため今度はレイクで50万円借り入れを行いました。

そのお金もあっという間に消えました。

最初はパチスロだけが目的だったのに、それに加えて洋服、外食など贅沢を覚えてしまいました。

いったん贅沢を覚えるともはや会社のお給料ではまったく足りなくなりました。

まさに分不相応な生活です。

だんだん消費者金融へ返済するお金も用意できなくなりまた消費者金融を利用することになりました。

次に借りたのは武富士です。

武富士では20万円の借り入れしかできなくなっていました。

賞与も借金返済に充てることは一切考えていなくて贅沢することに使ってしまいました。

信用金庫からの借金

武富士で一挙に融資額が減ったこともあり、もう消費者金融では貸してもらえないのかも・・・と思いました。

ここで借金することをやめれば良かったんですが、借りることになぜか必死でした。

両親が自営業で飲食店を経営していたこともあり、付き合いの合った信用金庫から30万円ほど借入することができました。

これは完全に親のおかげです。

知らない間に膨れ上がる借金と現在

そんなに借入した覚えはないのに借金はなぜかどんどん膨れ上がりました。

各社の利息も馬鹿にならなかったため、借金の1本化をすることにしました。

理由は結婚して子供が生まれたからです。

なかなか銀行などで私の借金を1本化してくれるところはなく、親戚に頭を下げてなんとか全額返済してもらいました。

そして、その親戚に年利5%の利息を払うことを約束して毎月17,000円の返済をしています。

返済はあと13年あります。

日々の生活も赤字ギリギリなのでこの返済額でも正直辛いですが仕方がないですね、自業自得です。

もう二度と借金はしないと心に決め、私の多額な借金を肩代わりしてくれた親戚に心から感謝しています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ