馬鹿な私、借金があるために毎日が陰鬱です

20代、男性、東京都在住。

・消費者金融への返済、残り90万円。

現在借金を背負っており、残りの返済金額は90万円です。

消費者金融から借金をしたのですが、消費者金融で借金をして借り貸しを繰り返していると借金の総額が分からなくなってしまいます。

私は初めて借金をしてから2年経過しており、その間細かいお金を借りたり、返済が滞ったりしつつも返済を続けていたので、当初に借りた70万円以下にはなっているだろうと考えました。

しかし、私は金利の存在を忘れていたために、借金の総額を確認した際に70万円よりも多くなっていた借金に驚愕をする事となったのです。

借金をするまでは、金利について考えた事もなかったために金利の恐ろしさを知らなかったのです。

・借金があると毎日が陰鬱です。

借金があると、毎日、借金という実体のない恐怖に押しつぶされそうです。

返済できなかったらどうしよう、また返済催促の電話が掛かってきたらプレッシャーで心臓が潰れそうになる、借金を返済するためならば誰でも裏切る事ができる、私はそう思っています。

現に、友達からも借金をし、個人からの借金なので友達からは借り入れできるだけ借りて、踏み倒すつもりでいます。

お金を貸してくれない友人からは、食事をおごってもらったり生活用品を買ってもらったりしています。

そんな友人を馬鹿である、と自分はおごってもらいながらも裏では陰口を叩いているのです。

多重債務者の人間は自分のような不誠実な人間ばかりなので、これを読んでいる人は多重債務者が身近に居ても手助けをしないのをお勧めします。

親が代わりに返済をしてくれないだろうか、とさえ思っています。

美人である母と姉が、自分のために怪しい方法でお金を作ってくれるように唆せることはできないだろうか、とも考えます。

・借金の理由、それは無知。

借金をしたのは大学の友人に騙されたためです。

そもそも騙される時点で私が悪いのですが、私があまりにも無知なためにお金を毟り取られるだけ毟り取られ、そのまま放置されました。

いわば、よくある投資話に乗ってまんまとお金を詐取されたのです。

しかし法律には引っ掛からないように上手く騙し取っており、私は法律に頼ってお金を取り戻すのは不可能であると諦めました。

弁護士に無料相談に乗ってもらっても、弁護士は馬鹿だねえ、と鼻で笑い、そんな案件は勝てる見込みが無いよ、と一蹴されました。

自分にできるのは日々食費を削ってまでただひたすら無駄にお金を返済するだけです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ