馬鹿げていることだけれどどうしても止められなかった借金

30代、男、東京

学生の頃から借金癖はありました。

始めの内は3万円くらいが多かったのですが、一番多い時で40万円を一度に借りたことがありました。

こうなると金銭感覚はなくなります。

学生の頃は生活費のためのお金が多かったです。

奨学金も借りていましたが、車を買って乗り回していましたから改造するのにお金がかかり、それにお金を使っていたので生活費がなくなりました。

「学生はお金が借りられない」と思っている人もいますが、学生専用のローンもクレジットカードもたくさんありますからどれかは審査がすんなり通るはずです。

大手銀行からは借りることは出来ませんでしたが、クレジットカードならば今でも簡単に審査が通ると思います。

それで大学の3年ごろから借り始めて50万円ほど借りて返済しながら卒業しました。

結局返済が完了したのは卒業してからでしたが、卒業後もことあるごとにお金を借りる習慣はなくなりませんでした。

キャッシングは大人になり、会社勤めで給料がもらえるようになると「簡単に返済できるから」という心理に陥ります。

それでいて消費欲はなくなるどころか増え続けますから、収入があるのに借金をするという奇妙な状態になります。

車一台150万円以上はしますから給料だけではこのような欲望を抑えることは出来ません。

ボーナスも会社に入ったばかりでは少なく、返済も進みませんでしたから社会人に1年目で100万円もの借金をして言いました。

少し前は年収による制限はありませんでしたから大手のメーカーに勤めていたことも重なり使用度が高く、審査も簡単に通りました。

社会人2年目もそのような感じで借金を重ねていき、消費者金融カードがまるで自分の銀行カードのように見えるくらい手軽にATMからお金を「引き出して」いました。

周りから見れば「何で止めなられないのか」ということになりますが、自分自身でも考えることが出来ませんでした。

借金は麻薬のようなものです。

一度使うと、その手軽さと簡単にお金が手に入る感覚に魅了されて財布にお金がなくとも、カード一枚でどこからでもお金が引き出せます。

「物を買う」という単純な欲求もあるのでしょうが、欲しいと思うものが簡単に手に入るこの感覚は20代の若者には辛すぎました。

カードから引き出せなくなるまで5年以上もそのような生活が続きました。

結局、最高で400万円ほどの借金をしました。

親からも借り、消費者金融が5社、クレジットカード10社、銀行が2社くらいだったともいます。

全てを把握できないくらいの額になり、弁護士に頼んで債務整理を行い、借金をまとめて3社に集約して返済しています。

30歳を過ぎた今も返済を続けています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ