大人の夜遊びで借金をし、その結果・・・

30代、男性、東京都在住。

・大人のお店の誘惑に負けて借金を。

大人が遊べる場所なんて滅多に無く、顔見知りばかりである田舎に住んでいた私、単身転勤にて東京に引っ越した際、妻から解放をされたという開放感と、大人の遊興施設が無数に存在をしており、遊んでも知り合いに会う事はまず無いという自由を感じ、大人のお店にはまり始めました。

大人のお店というのはまあ、大人の男性が夜に楽しめる高額なお店の事です。

大人の遊興施設に通い続け、給料は残さず利用をし、毎月の自分の給料から支払いができなくなったら、妻と将来を過ごすために、と貯めていた貯金までも崩し始めました。

妻への罪悪感など全く無く目先の快楽だけを追い求めていた私は、大人のお店で遊んだ際に脳と下半身から分泌される快楽のためについに消費者金融を利用するようになりました。

貯金を崩した時点で、大人のお店通いが止められなければ消費者金融でお金を借りれば良いのだ、と消費者金融の利用を最初から検討していたのです。

・消費者金融だけでなく知り合いからも。

最初は一晩分だけの3万円を借り入れ、その後、まだまだお金が借り入れできるようでしたので再び数万円を借り、お店通いのためにまたしても借り、あっという間に限度額まで達しました。

知り合いや友人や、会社の人からもお金を借りてまで通い続けたのですが、知り合いたちにはお金を借りる理由については子供の習い事のため、妻の両親の治療費のため、と嘘を吐いていました。

知り合いたちには借金をした事を口止めしていましたし、消費者金融への返済を怠らなければ妻に知られる事も無いと安心をしてました。

・借金が妻にばれてしまってから。

大人のお店に通いつつも妻の事は大切にしていましたので、離婚だけは避けたく、借金のことを隠していました。

消費者金融への返済を優先していたために、知り合いへの返済が滞ってしまい、その際に知り合いが妻に借金についての話をしてしまったようで、妻に借金のことがばれてしまい、遠距離ながらも電話で喧嘩をしてしまいました。

妻には借金の理由は飲み会や外食費用が重なってしまったのだと言い訳をしましたが、きっと大人のお店通いの事は見通していたと思います。

妻に離婚をされないためにも現在は返済を頑張っているのですが、それでもお金が少し余ったら大人のお店に落としています。

懲りない私ですが、返済は順調ですし浮気でもないので悪い事ではないと思っています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ