「クレジットカードを現金化」に騙されそうになった経験について。

私は現在埼玉県南部に在住している37歳の独身男性です。

私は以前消費者金融からの借金が返せない状態に陥り、消費者金融以外の様々な金融業者から消費者金融への借金の返済をする為のお金を借りる為に悪戦苦闘した経験があります。

恥を申しますが、今回は私のその経験をこちらでご紹介させていただきたいと思います。

私は以前、当時23歳ぐらいの時に消費者金融で借金を繰り返し借金が一気に膨れ上がってしまい、そのうちどの消費者金融業者からの借り入れも出来なくなりました。

当時私は消費者金融からの借り入れに対する毎月の返済を他の消費者金融から借り入れて返済するといういわゆる「自転車操業」状態に陥っていました。

そんな「自転車操業」状態で消費者金融からの返済を行っていた私は一度消費者金融からの借り入れがどこからも出来なくなるとたちまち「返済不能」状態になってしまったのです。

私は焦りました。

私の借金の限度額が一杯になり、どこの消費者金融からも借金が出来ないという事を悟った私は途方にくれてアパートの部屋で過ごしていました。

消費者金融各社の返済の期日はもうあさってに迫っているという状況、全ての消費者金融への返済額の合計は計80000円ほどをあさってまでに用意しなければいけないという状況で私は万策尽きたと感じた私自身の現在の状況に悲嘆しアパートの部屋で一人パチスロ雑誌を眺めていました。

そんな時にパラパラとパチスロ雑誌のページをめくっていると、ある金融業者の広告が目に付きました。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化いたします」

広告にはそう書いてありました。

私は「クレジットカードのショッピング枠を現金化?そんな事が出来るのか。」と思いながら私自身が持っていたクレジットカードのキャッシング枠は既に限度額一杯まで借り入れていたがおよそ30万円の枠のショッピング枠にはほとんど手を付けていない事を思い出しました。

もしクレジットカードのショッピング枠を全て現金化出来れば30万円近い現金を手にする事が出来ます。

私は広告の金融業者に携帯電話から電話をかけました。

すると業者が電話に出て、業者名を名乗ると共に「クレジットカードのショッピング枠の件でしょうか。」と尋ねてきたので「はい。」と答えるとその担当者は「分かりました。

では、これからクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法をお教えしますので私共かこれから指示する場所に出向いてそちらに着いたらまた電話をかけていただけますでしょうか。

私の名前は(担当者の名前)と言います、場所に着いたらこちらにまた電話をかけていただいて私の名前を伝えてください。」と言い私は「はい。」と答えました。

業者から指示された場所は「東京都内であれば、新宿や池袋などの「大型家電量販店」がある場所」という事だったので私は新宿に向かいました。

そして新宿について駅から再び先ほど電話をかけた業者に電話をかけ、担当者の名前を業者に伝えるとさっきの担当者が電話に出て「ああ、(私の名前)さん新宿に着かれましたか。

では、これから私の指定する大型家電量販店に行き出来れば出来るだけ質屋などに買い取って貰いやすい電気製品を購入してください。家電製品は高級カメラなどが良いです。」と言ってきました。

ここで私はピンときました。

「ああ、この業者は単に家電製品を購入させてそれを質屋に売れ、という事を教えているだけなんだな。」と。

ばからしくなった私は担当者に適当に返事をして「ではカメラを購入して質屋で買い取ってもらった後にまた電話をすれば良いのですね。」と言うと担当者が「はい。

そしてもっとも重要な事なのですが、質屋での現金化に成功した時には「必ず」私共まですぐに電話をかけてその事を報告してください。

そして質屋での買い取り額に対して今回私共にお支払いいただく「手数料」をお支払い下さい。今回30万円のショッピング枠ですと「手数料」は5万円になります。」と言ってきたのです。

私は「はい、はい。」と生返事をして5万円を払う旨を担当者に伝えて電話を切りました。

その後クレジットカードで家電を買う事も勿論業者に5万円を支払う事も私はしませんでした。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ