実家に金を吸い取られる!親が原因の借金200万円

私は福島県在住の30代男性です。現在は妻と2人でアパートに住んでいます。

今ではすっかり平穏な生活を送る事ができておりますが、一時は大変な生活を余儀なくされておりました。

原因は私の親にあります。

私は結婚する時点で、貯蓄がほとんどない状態でありました。

このことは結婚直前に妻に話をしましたが、やはりいい顔はされず、結婚後もしばらく悩まされることになります。

私は独身時代に貯蓄をしておくべきであったにもかかわらず、ほとんど貯蓄ができておりませんでした。

フルタイムの仕事を行っており、収入は人並みにはありましたので、よくなぜ貯蓄ができなかったのか、妻から聞かれることもあります。

それもそのはず、私は自分の親からお金を吸い取られていたからです。

信じられないかもしれませんが、私は通帳を自分で管理せず、親に任せていました。

まず、この時点でも自分自身のいたらなさがあり、とても反省しております。

しかし、親だからまさかそのようなことはないと思っておりました。

何と、親は生活資金を私の通帳から引き落としていたのです。

父が病気により早期退職し、確かに我が家には安定した収入を稼いでいる人間が私しかおりませんでした。

とはいえ、父には退職金があります。

また、母はパートをしておりましたから、通常の生活を送るだけであれば、私に頼らずとも安定した家計でいることはできたはずです。

それができなかった理由としては、父の医療費が予想以上にかかったこと、そして一番の原因は、家を買ったことです。

我が家には、父が現役時代に購入したマイホームがありました。

我が家はその家に20年近く住んでいましたが、3年ほど前に父が近所の方とトラブルを起こしてしまい、両親としては、そこに住みづらい状況となってしまいました。

このことが原因で車で10キロほどのところにある母の実家に住むことが検討されました。

私はこの話を直前まで知りませんでした。

さらに驚いたことには、母の実家は築35年と古かったので、全面的なリフォームを行うこととなっていたようです。

私がそれに気づいたときはすでに契約まで完了した状態であり、私にはどうすることもできませんでした。

ローンは組まず、父の退職金を活用して一括で支払いました。

これにより、退職金がなくなってしまったことにより、資金繰りが苦しくなったのです。

そこから、私の貯金はどんどん減り始め、カードローンの支払請求が届くようになり、借金はどんどん貯まっていきました。

最高で200万円ほどまでに膨れ上がりました。

毎月の支払いのために私の給料が使われているかと思うと、大変悲しくなりました。

幸いに結婚までに何とか借金は返済しましたが、貯蓄が残らず、妻に大して大変申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

今は、お金の大切さを身にしみて感じたため、貯蓄することに全力を注いでおります。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ