ローンをまとめるメリットを知ったあの日の出来事

30代 男 愛知県

多重ローンの始まり

今は住宅ローン以外のローンはありませんが、独身の頃は車はローンで買っていたし、ボーナス前に買いたいものがあるとカードローンでお金を借りて買っていたりと借金漬けの状態でした。

特に車のローンは毎月の利率が高くて、なかなか減らないタチの悪いローンでしたし、ローンが終わった時に販売店に所有権留保をされていたのを解除してもらうために更に手数料を支払うというものでした。

いわば多重ローン状態だったのですが、これで一番困ったのが支払日が何度もあり管理が面倒だったことです。

しかも、金額もそれなりに多かったため資金繰りが大変でした。

今でもクレジットカードを何枚も持っているので請求はいくつも来るので、その意味ではあの頃と一緒ですが、支払金額がクレジットカードの場合は違いますし、そもそも自分の買い物ですから引き落としがされた時の気分が全然違います。

精神衛生上良くなかったので、一つにまとめようということにきめました。ボーナスの時期を狙い、いったんカードローンや自動車ローンをすべて返済しました。その上で新しい信販会社でカードローンの申し込みをしました。

もっとも、ボーナス払いの買い物もしていたので親に1カ月だけということで20万円貸してもらい、ボーナス払いの資金に充てました。

新しいカードローン

新しいカードローンは、返済も借り入れもコンビニのATMとかを使えるということで便利でした。

しかし、ここで使いすぎたら意味がなくなると思ったの、毎日の生活を節約に徹しました。

最初のうちはWEBでの豆知識で知った利息の軽減方法とかを試したのです。

しかし、借入と返済を繰り返す方法は、人によっては効果があるかもしれないのですが、ATMでの返済時に手数料がかかる、私が契約したカードローンではかえって不利になってしまうことが判明し、結局カードローンは月次の返済額での返済に徹して新規の借り入れを増やさないことに決めました。

こうして少しずつではありますが借金は減っていきました。

ローンをまとめることのメリット

ローンをひとまとめにすることで、返済も一本化され気分的に楽になりました。

それと一つだけになったということで、借金完済に向けた目標ができたことで最終的に借り入れをすべて返済することができました。

それに融資枠が大きくなるほど利率が低くなるので、有利だということもローンをまとめることのメリットです。


この時の経験はあまり思い出したくないものではありますが、現在の住宅ローンでも臨時弁済の重要性や利率が高ければ返済額も多くなるという借金の基本的なことも学ぶことができました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ