年を重ねてから、ギャンブルに目覚めると

私は30代の男性、北海道在住です。

私は地方銀行系のローンを利用しました。

原因はギャンブル、パチンコにハマってしまったことです。

ハマったのは20代後半の頃、当時の職場の先輩について行ったのがきっかけでした。

最初は訳も分からずにやっていたのですが、とある休みの日に試しに一人で行ったみたのです。

ビギナーズラックはまさしくこのこと、座ってすぐに当たりをひき、ドル箱が通路にまで溢れるほどに大連チャンしました。

そこから私のパチンコ人生はスタートしました。

休みの日になれば、オープンからクローズまでパチンコ漬け。

仕事の日も、気が向けば仕事前の2時間ほどで1勝負。

当時の私の人生は、パチンコ中心で回っていたのは間違いありません。

それでも、人生はそれほどうまくいくはずもなく...

パチンコにハマる前は50万以上あった貯金も1~2年でそこをつきました。

その後は、給料を毎月回しながら、パチンコライフを継続していたのですが、やはり負けが続きお金が完全に無くなりました。

困りました。パチンコはやりたいがお金がない...

考えた末に、ネットで見かけた広告で地方銀行家のカードローンの紹介のバナーをクリックしました。

申請・審査も簡単に終わり、私は最大20万まで借りられる、魔法のカードを手にしました。

さすがに借金は恐い、と思っていたので、マックスで10万までと決めて数ヶ月過ごしました。

10万借りても、その日のうちに大勝ちして、全額返済。

「意外といい感じに回せているな」という考えも甘く、調子悪いのが数回続くとたちまち首が回らなくなります。

気がつけば、限度額の20万をあっさり借りてしまってしました。

その後は、給料日に最低額のみを返済し(4割ほど利息に消えていましたが...)、残りのお金をパチンコに回して生活を送っていました。

そんな生活が続き、流石にマズイなと感じ、「返済は月に5千円」、「これ以上ローンは借りない」、というルールを設け、かなりコツコツコツコツと返済することを決めました。

コツコツも積もり、最終的にはなんとか完済することに成功しました。

しっかりと返そうと考えたきっかけは、パチンコにはまり始めてから付き合い始めた彼女と結婚したことです。

借金までしてパチンコをしていたことはもちろん秘密です。

家計を二人でまとめたために、これはまずいと一念発起しました。

今では借金は全くなくなりましたが、ふと限度額が100万くらいあったのなら、自分はどうなっていたのでろうか?と少し恐ろしくなることもあります。

何事もほどほどに、パチンコも少し遊ぶ程度にはストレス解消にもなるとは思いますが、やりすぎると取り返しのつかないことになるのだなと今は思ってます。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ