700万円の借金を31歳で完済する方法

30代 女性 大阪府在住

「私が借金した経緯」

私が初めて借金したのは20代前半の頃です。

当時はうつ病を患い、家に閉じ籠っていました。

段々と外に出られる様になったので、パートを始めました。

しかし、うつ状態が改善された訳ではなく、働いてはストレスを溜める…といった生活でした。

ある日、突然に学生時代にはまっていたスロットに久し振りに行きたくなりフラッとパチンコ屋に入りました。

何と1000円で大当たり!何だか胸がスカッとしたのを覚えています。

それからは毎日スロットをする様になりました。

当たらない時は何万もつぎ込み、パチンコ屋をはしごしていました。

そうこうしている内に、手持ちがなくなったので半ば衝動的に消費者金融のATMでお金を借りました。

あまりにも手軽に借りる事が出来たのでびっくりしました。

それからは手持ちがなくなると、消費者金融から借り入れてはスロットにつぎ込むという生活が続きました。

今思うと当時の私は、お金に対する感覚が麻痺していたと思います。

そしてATMですぐにお金が出てくる手軽さが、その感覚に更に拍車がかかったのだと感じています。

以上が私が借金した経緯です。

「終わる事のない返済」

スロットをして手持ちがなくなるとATMから借り入れして、またスロットにつぎ込む…限度額は50万円だったので、すぐに借り入れはストップしてしまいました。

そして私はまた違う消費者金融から借金をしました。

そこも限度額は50万円。

また違う消費者金融から借金。

そこは限度額はありませんでした。

気が付くと、借金は350万に!4つの消費者金融から借金していました。

このままでは自滅してしまうとようやく気付いた私は、借金の返済に全力を注ぎました。

あれ程投資したスロットは、月に一度程。

うつ状態は相変わらずありましたが、そんな事を言っている場合ではないとバイトを掛け持ちしてがむしゃらに稼ぎました。

借金の合計額を書面で見て、目が覚めたのです。

月々の返済は約4万円、バイト代は18万程度。

何とか生活していける感じでした。

しかし、私はどこまでも考えが甘いのか、「中退した大学に再入学したい。」と思い、借金があるまま再入学したのです。

大学では奨学金を借りました。

また借金です。

以前中退する前にも奨学金を借りていましたので、消費者金融の借金と合わせると約700万円もの借金でした。

大学に行きながらバイトをして学費を払い、借金を返済し続きました。

ちなみに借金の事は親には内緒だったし、大学は自分で行けと言われていたのでお金は一銭も出してもらっていません。

これは事実です。

大学の寮はただでしたのでそこに住まわせてもらい、バイトはまかない付きのレストランを選び食費を浮かせ、夏休みと冬休みはバイトを掛け持ちして稼ぎました。

返済は一度も遅れた事はありませんでした。

大学を卒業し、就職する頃にはやっと100万円返済出来た程度でした。

消費者金融は返済額の半分程が利子だったので中々返済が終わらないのです。

あらゆる物を我慢し、切り詰めて生活しているのに終わらない返済…何度死んでしまおうかと考えたか…


しかし、就職先がとてもやりがいある職場で、借金返済の辛さを忘れる程でした。

ボーナスはほとんど消費者金融と奨学金の返済にあてました。

まとめて返済すると得だったのです。

そして就職6年目には4つの消費者金融からの借金を無事に完済したのです!完済済の証明書は5年経った 今でも大切に保管してあります。

退職時にまとまった退職金が出たのでそれを奨学金の返済にあて、見事完済しました。

「借金完済のコツ」

私の借金額は方だと思いますが、心がけていた事があります。

それは返済が滞るとどうなるか…いわゆるヤクザから取り立てが来るという情報をネットで調べて、文章にして部屋に貼り付けていました。

こうする事で、親兄弟に取り立てが行く事も想像出来ましたし、私自身の身の危険も想像出来たので、この方法は想像力のある私には多いに効果がありました。

今は専業主婦ですが、もう二度と借金はごめんです。

カードも持っていません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ