友人のカンパで救われた!入社後の初めての借金体験談

30代男性大阪府在住です。

借金体験は無数にあり、何回も同じような経験をしてきました、学習能力が無いと言われますが、借金する人間は何回でも繰り返す傾向にあります、20代の時に行った借金体験を紹介します。

■初入社後の借金■

学生時代が初めての借金でした、学生時代に2回程キャッシングのしすぎで困った事がありましたが、どちらかと言うと社会人になってからの方がトラブルが大きいです。

初めて入社した頃ですが、入社祝いを兼ねて地元の友人達と店を借り切っての飲み会を行いました。高い料理屋での飲み会だったので、出費も激しかったです。

その後5月に入ってから5月病飲み会を行いました、という風に事あるごとに飲み会を開き、学生のノリがまだまだ抜けていない頃で、飲み会の度に消費者金融から数万づつの借金をしていました。

次第に一社分の借金では足りなくなり、複数業者のカードを作るようになっていきました。

■多重債務者になっていく■

遊び事の度にキャッシングという生活でしたし、返済に関しても無計画でした、学生時代のバイト時代と違って就職もしているから給料もボーナスも入って来るという余裕からも、学生時代よりも慎重さが無かったです。

多重債務者になるのは時間の問題でしたし、最初の頃の給料では返済もキツクなっていきました。しかし、遊び事があればどんどんとキャッシングするという生活は染みついてしまっていました。

何時の間にか複数業者への利息払いと返済が重荷になっており、自分の給料ではやりくりが大変になっていました、元本が減らず利息だけ払っているような状態です。

このまま借金を重ねるのはまずいと言う状態に陥り、とにかく一社でも完済させる必要があります。立派な多重債務者でした。

■知人にカンパしてもらい救われる■

多重債務状態になったのですが、当時はおまとめローンという選択肢が頭になく、頼るならば親か友人となりましたが、言い辛いですし、悶々と過ごしていたのですが、もう思い切って友人達に言いました。

無利息で貸してほしいと、すると友人達は利息なんか要らないからという事でお金を貸してくれたのと、数万円程のカンパをしてくれる事になりました。

おかげで殆ど完済に近い位に借金は無くなりました、友人達のサポートのおかげでもあり、完済までにあまり時間がかからず、また利息に関しても不要と言ってくれて、また返済も地道にやってくれという事だったので、有難かったです。

仮に友人達が居ないともっと完済までに利息を沢山払って苦しい日々を送っていたはずです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ