私が近所の奥さんから借金をした理由

30代、女性、千葉県在住。

・近所の奥さんからお金を借りました。

私は借金をした事があるのですが、それが金融機関からではなくて近所の奥さんからお金を借りました。

万が一のため、と借用書を書き、最初は2万円を借りました。

お金が必要なのにどうして夫に頼らなかったのか、家族にお金を借りれば良いのではないか、そう思う人が多数の事だろうと思われます。

私が家族を頼らずに近所の奥さんにお金を借りたのは、誰にも言えない訳があったからです。

私は浮気をしていたのです。

馬鹿ですね。

気まぐれで始めたパート先の工場にて、若い男性に口説かれて私は舞い上がってしまいました。

私には旦那が居るからいけない、と思いつつも積極的な男性に誘われるがままに恋仲に発展してしまいました。

・男性との交際にはお金が必要でした。

金融機関でお金を借りなかったのは、私は金融関係に明るくないために借り入れ方法がよく分からず、旦那の職場に電話が行ったり、自宅に郵便物が届いて借金をした事がばれてしまうのでは、といった懸念から利用をしなかったのです。

近所の奥さんとはもう長い付き合いであり、親友レベルの関係でした。

その奥さんには、嫉妬をされてはいけないと思ったので若い男性と交際をしている事は隠していたのですが、お茶会をした時にお金が足りないの、と漏らすと、奥さんが「貸してあげようか」と親切にも手を差し伸べてくれました。

私は生活費に利用をすると嘘を吐き、必ず返すから、と約束をしてお金を貸してもらったのです。

・お金を使い果たしてあっけなくエンド。

男性とのお付き合いのためには、お金がとても必要でした。

私は元々裕福でないから、せめて家族のためにオカズを一品増やせないかとパートを始めたくらいでしたので、男性と交際をするにあたってお洒落代に困ることになりました。

美容用品や服飾品や、果てにはエステ代金まで必要だと思い込み、パート代は勿論の事、貯金まで使い果たしました。

近所の奥さんには、最初は2万円を借り、次に3万円を借り、更に1万円を借りました。

その後、男性とは別れる事ですっかりお洒落には興味が無くなり、真面目に働く事でお金は返済ができ、奥さんにはお金と共に気持ちであるお菓子もつけました。

男性と別れたのは単に私が飽きたからです。

燃え上がっている時はお金を湯水のように利用し、駆け落ちをしようかとまで考えていました。

恋とはおかしな思い込みだな、と今は冷静に振り返っています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ