旅行に行きたいが金が足りない、私のキャッシングの体験と反省について

私のキャッシングの体験時は、20代後半男性で神奈川県在住でした。

私がキャッシングをした目的は、旅行などの趣味に使うことでありお金が足りなかったために利用することです。

キャッシングをした時はクレジットカードにキャッシング枠が設定されていたために、お金が必要になったために利用しました。

キャッシングの返済方法には一括払いとリボ払いがあるために、一回あたりの支払う金額が少なく計画的に計画できる方法としてリボ払いを選択していましたが残高が高くなったために今となっては後悔しています。

キャッシングを利用するにはきちんとした支払い方法を選ぶ必要があり、収入の状況を考えてから選ぶ必要があります。

リボ払いは定額の金額を支払う方法としても便利ですが、利用金額を考えてから金額の設定を行わなければ残高が増えていくために注意が必要です。

私もリボ払いをして感じましたが、金銭感覚が麻痺していることもあり先のことを考えてなかったために残高が増えてしまったために今思えば後悔しています。


キャッシングの利用目的は人それぞれですが、利用限度額の金額はあくまでも目安の金額として考えることが重要であり収入の状況を考えながら目的意識を持つことが大事です。

キャッシングとは金融会社からお金を借りることであり、自分自身に責任感を持って会社が設定した方法を守る義務があります。

金銭感覚が麻痺しないようにするには、キャッシングをすることは他人からお金を借りることであり自分のお金ではないことを認識することが大事です。

キャッシングをするには漠然とした目的ではなく、今後の人生につなげられるような目的で活用することが望ましく責任感を持って利用することが重要です。

私がキャッシングをしていた時から10年くらい経過し、自分自身が行ってきた行為はやってはいけないことだと感じています。

お金とは楽に手に入るものでなく借りたお金はきちんと返済することが重要であり、きちんとした目的と責任感を持ってキャッシングを利用することが大事だと考えています。

私もこのような経験をしてきたこともありキャッシングを行わないように考えているために、インターネットなどで手軽に利用できる副業などを行いながら緊急の時にも備えるようにしています。

キャッシングの返済を放棄することや定められた通りに支払わない行為は金融会社の信頼を裏切る行為でもあるために、信頼性を保つようにすることを心がける必要があり責任感を持って利用することを実感しました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ