クレジットカードの利便性の罠、そして詐欺。借金が100万円増えた

30代男性 兵庫県

<クレジットカードの利便性>

結婚する前からクレジットカードを持ち、ショッピングに使っていました。

当時私は現在も勤務している会社で正社員として働き、月17万円程度の収入がありました。

カードを使ってポイントが増えていくのが楽しみであり、また、独身ということも手伝ってうっかり使い過ぎてしまう事がありました。

そこで、次の給料日までのつなぎとして、消費者金融や信販会社のキャッシングを一時的に利用していました。

計画的に使い、金額も相応なものでした。

当時、結婚を考える交際相手がいましたので、身を固める前に債務をなんとかしたいとの思いを少しは持っておりましたが、まだ十分返済できる範囲の利用だったため、特に何かを講じる事はしませんでした。

<単身から夫婦へ>

現在の妻と結婚しました。

夫婦2人での生活は独身のときよりも生活費がかかり、私1人の収入ではだんだんと返済が困難になってきました。

家族のために債務の圧縮(1本化)を以前よりも強く願うようになっていました。将来、子供も誕生して家族が増えるであろうことも理由として挙げられると思います。

そんなある日、いわゆる「おまとめローン」に関する雑誌の広告を見つけました。

<振り込め詐欺>

詳細を読むと、「債務を1本化すれば別々の支払日を1度で済ませられ、返済が楽になる」との謳い文句が並んでいました。

今にして思えば軽率だったのですが、当時の私は冷静な判断力を欠いていたのかもしれません。

藁にもすがる思いで業者の指示通り、GEコンシューマー・ファイナンスおよびアイフルからそれぞれ50万円ずつを借入れ、その中から50万円を業者宛に「手数料」という名目で郵送、残りを手元に保管しておりました。

業者からの説明によると「借入について取引履歴を特別に修正し、枠を広げて融資が拡大するように交渉する」ので、そのための手数料が必要というものでした。

本来であれば融資枠は限度まで達していて借入はできないはずでしたが、私の隙に付け込む甘いセールストークがありました。

担当者に「郵送時期が年末という大変慌ただしい時でもあり、年が明けてから再度連絡を欲しい」と言われ、指示通りに電話をかけると「この電話番号は現在使われておりません」という状況で、電話以外に連絡手段は他になく、この時点で詐欺だと認識して警察にも相談しました。

しかし、本来は書類や書籍の郵送に使う「エクスパック」という方法だったという事もあり、証拠不十分でどうする事もできませんでした。

その結果、債務を圧縮するどころか逆に100万円も詐欺により増大させてしまう事となりました。 


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ