娘の彼氏の店が家事に!どうか借金にくじけないで・・

これは私の娘の彼の借金体験談です。

[彼が借金に至った理由]

彼は30代大阪在住で、若いのに苦労して資金を貯めて自分で焼き肉店を経営しており、お店の方も順調で軌道に乗っていました。

むすめとの交際も順調で私たちとの顔合わせも終わり、結婚が正式に決まって後は式の日取りを決めるだけというところまで来ていました。

私たちもその日を心待ちにして毎日を過ごしていました。

ところがある日従業員の不注意から火事を出しまったのです。

彼の店は駅ビルの中にあり、自分の店の消失だけでなく近隣店舗への延焼を免れることが出来ませんでした。

テレビのニュースでも放送されるほどで電車も止まる程の大きな火事だったのです。

こうして彼は自分の店の損失と近隣店舗と電鉄への保証金という多額の借金を抱えることとなったのです。

当然のことながら本人にとっても娘にとってもあまりにも大きなショックで、二人ともしばらくは呆然とし、何も手につかない状況でした。

[二人にとっての大きな転機]

結婚が決まっていたふたりですが、こういう状況で借金を背負いマイナスからスタートする事に対し、親としては一度は了解した結婚でではありますが諸手を挙げて賛成するわけにはいかず、いったん白紙に戻してもらうことにしました。

娘もずいぶん悩んだようですが、大きな借金を抱えての新婚生活のスタートに踏み切る決断はつかず、しばらく距離を置くことになりました。

彼は自分の店を諦め実家の焼き肉店を手伝いながら、借金を返済する日々が始まったのです。

働いても働いても収入はすべて借金の返済に消えていき、だんだん娘とも疎遠になっていき、結局二人は分かれることになったのです。

薄情に思われるかも知れませんが、何千万円もの借金を抱えた人に娘を嫁がせることの出来る親がいるでしょうか。

何よりも娘に幸せな結婚をして欲しい、幸せになって欲しいと思うのが親心というものです。

誰か私たちを責めることが出来るでしょうか?

[今彼に言いたいこと]

娘とのことは本当に申し訳ないと思います。

あれから娘は気持ちの踏ん切りがまだつかないようで次の人に行くこともせず、仕事に打ち込む毎日を送っています。

もしかしたら、娘も覚悟を決めてどんなに止めても彼のところに行ってしまう日が来るのかも知れません。

その時はもう無理には止めようとは思いませんので、娘がそれで幸せだと思えるのなら。

多額の借金返済は簡単ではないでしょうが、どうかくじけずに頑張って下さい。

今はそれしか言えません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ