家賃は15万円でした、彼と別れて引越しする資金を借入

私はかなり生真面目な性格なので人から物を借りるという事は極力避けていましたし、他の人から何か貸して欲しいと言われてもやんわりと断る様にしていました。と言うのも貸し借りが原因で人間関係がこじれるのが嫌だったからです。

しかしそんな私も社会人になってからお金を借りる事になってしまいました。

大学時代には自宅から片道2時間近くかけて都内まで通学していましたが、社会人になってからは通勤が大変なので3年間付き合っていた彼と同棲する事にしたのでした。

彼は私より2歳年上で先に社会人になっていて会社の寮に住んでいましたが色々と面倒なのでそこから出たがっていました。

私の両親は結婚前に男性と一緒に暮らすなんてともちろん同棲には大反対でした。

しかしそんな両親の意見は聞かずに彼と2人で週末になると物件を見てまわり、彼にとっても私にとっても通勤に便利な板橋区にある賃貸マンションを借りる事にしたのでした。

広さは2LDKで家賃は15万円程でした。

彼は寮に住んでいたし私も実家に住んでいたので冷蔵庫や洗濯機等の家庭電気用品は持っていなかったので新しい物を購入しました。またベッドやソファーなどの家具も2人で選んで買いました。

この引越しで私の貯金はほぼなくなってしまいました。

彼との同棲生活は最初のうちはとても楽しく充実していました。

しかし8ヶ月程たった頃に彼の様子が変わってきました。週末のうちどちらかは仕事があると出勤する様になり、また平日も以前よりも帰宅時間が遅くなり一緒に食事をとる機会が減ってきました。

最初のうちは仕事が忙しいと言っている彼の言葉を信じて『仕事が忙しくて体調をこわさないといいけど。』と素直に思っていました。

しかしある時彼のLINEに女性らしき人からのスタンプとメッセージが入っているのを偶然目にしてしまいました。

『楽しかったね。また行きたいね?』とありました。この時に私は彼が浮気をしているのだと気がつきました。しかし彼のスマホを見たとも言えずに真相をつきつめる事はその時はできませんでした。

そこで友達に相談したら『はっきりさせて別れるなら早い方がいいよ。』とアドバイスされました。

友達の言葉通りに浮気の事を彼に単刀直入に聞いてみるとやはり今付き合っている子がいると告白されました。

私は泣くわめくで取り乱したので彼はかなり慌てていました。しかし騒いだ後で私は頭がすっきりして、さっさと同棲を解消しようという気持ちになりました。

さっそく不動産屋に行き一人暮らし用のアパートを見つけて契約しました。

しかし敷金と礼金を払ったら引越しに必要なお金が足りなくなりました。

でも同棲に反対していた親には借金は申し込めずに、悩んだ末に銀行のカードローンを利用する事にしました。

もちろんローンなんて後ろめたい気持ちはありましたが、その時はとにかくお金が必要だったの気持ちを抑えて借りたのでした。

利子は少々高めでしたが、他の人に迷惑をかける事もなかったので気楽でした。

おかげで無事に引越しも出来て、彼の事も過去の事だと考える事ができる様になりました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ