昔付き合っていたお金のない彼氏が原因で借金してしまったこと。

私は三十歳の女性で兵庫県在住です。

その1借金をする原因になった彼氏についてです。

今は貯金額も、そこそこあり生活は安定していますが、数年前は貯金も全然なくてお金に余裕のない生活を送っていました。

その原因は当時付合っていた彼氏が仕事もなく当然お金もなく更にギャンブルが大好きで毎日のようにパチンコ屋に浸っていたような人で私が半分養っていたような生活をしていました。

その元彼氏は仕事は現場関係だったようですが付き合い初めは出張などである程度まとまった分を稼いだようですが後々それは借金返済の為だと気が付きました。

付き合いが始まって3か月ほど経った時に私は念願の一人暮らしを始めて、やはりその元彼も私の家に居つくようになりました。

さすがに水道光熱費は出してもらわないと困ると話をしていたので、最初の三か月くらいはさっと出してくれていました。

けれど仕事をサボりだしたりその現場先からちゃんと給料が出なかったりと収入が不安定になりだしました。

そして休みが増えだすとパチンコ屋に行く事が増えて、ある日自分の打った台が調子が良くてよかったらその出玉で好きな台を打っていいよと連絡がきてパチンコの知識も経験もなかった私がそこで初めてギャンブルを経験することになりました。

ビギナーズラックからか三万円ほど勝って味をしめてしまいその元彼ともちょくちょくと打ちに行ったり一人でも打ちに行くようになりました。

その2それから始まった借金についてです。

そんな生活をしていると家賃が足りない事に気が付き人にお金を借りたりしたことが今までなかった自分はとても焦ってぞうすれば資金調達ができるか考えましたが結局親に頭を下げて6万円程借りることになりました。

翌月の給料で即返しましたがほとんど自由なお金もなく今月はどうやって乗り切ろうかと悩みました。

結局半月も経てば二万円程足りないことに気が付き水商売をしている友人に勇気をだして話をきりだし一割増で返済するように話を持っていきその時は了承してもらいました。

そして元彼はコンビニで時間数は少ないもののアルバイトをしていて給料日に貸しているお金や滞納している光熱費を払うように言いました。

しかし、給料すべてをパチンコに使い果たし自分がお金がない上に更にその元彼を養わないとならなくてまた友人に数万円貸してもらえるか話を付けた時に、その友達にその彼氏と縁を切らないと延々とそんな生活が続くから別れられたらお金を貸してもいいという話になりました。 

その3その元彼と別れてから学んだことです。

元彼にうんざりしていた私は貸したお金は返ってこないことを承知して別れ話を切り出しました。

自分の身の保全だけ考えて別れたくないと言われましたが無理やり家の鍵穴を変えて強制的に家に入れないようにして無理やり家から追い出して実家の方に返らせました。

それから生活を立て直すために10万円を友人に借りて、毎月一万円ほどコツコツとお金を返しました。

しばらくは苦しかったし貸したお金が返ってこない辛さもありましたが、もう二度と人からお金を借りてはいけないと勉強できました。

以上私の体験記でした。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ