病気で働けない?ヒモ彼氏と借金生活…

(20代 女性 兵庫県)

25才の時に大手消費者金融で借金をしました。

初めてできた彼氏が最低な男で、いわゆる「ヒモ」だったのです。

私は、彼が病気で仕事ができず生活費が賄えないのを信じこみ(実際は病気ではありませんでした)一人暮らしをしていた自分の部屋へ彼を住まわせ養っていました。

私は中小企業に就職した一般職のOLですので、そこまで給料が高いわけではありません。

一人暮らしでも精一杯なのに、彼を養うことなんてできなかったのです。

それでも、彼に頼られているのを嬉しく思い、一生懸命働ければ二人でやっていけるんじゃないかと、甘い夢を見ていました。

しかし、現実は厳しく、足りない生活費はカードで支払っていたのですが、限度額いっぱいまでつかってしまい、とうとうカードの請求額を支払えなくなりました。

そこで初めて大手消費者金融でお金を借りることにしました。

無人契約機にドキドキしながら契約に行きました。

やはりあまりクリーンなイメージはありませんので、契約が始まったとき個室のドアのカギが閉まって、とても驚きました。

どんな契約をさせられるのだろう。と不安になりましたが、消費者金融の担当者は温和な方で、かなり丁寧に契約内容を説明してもらい、かなり緊張が解け安心しました。

こちらからの質問にも丁寧に対応してくれたので、とても救われた気になりました。

審査の時間も事前にインターネットで調べていたよりも早く、給料の安い私でも90万円まで借り入れできることになりました。

私はさっそくカードの支払を済ませ、またカードを利用できるようになりました。

しかし、収入が増えたわけではありません。

そこで彼氏を切り離すことなく、私は一緒に生活を続け、またカードの支払も滞り、気がつけば消費者金融での借入枠いっぱいの90万円を使い込んでしまいました。

毎月支払う額も多くなり、金利を返すのでいっぱいになり、とうとうカードは停止してしまいました。

お金に困っていることを彼氏にも内緒で借金をしたので、どうにかお金を作ろうと仕事の後にアルバイトをする日々になりましたが、そのお金も生活費に消えました。

一時は消費者金融にたより、安心したのも束の間、自分で首を絞めとうとう頼れるところがなくなりました。

そして、最後に頼ったところが、司法書士事務所でした。

状況を説明したら「任意整理」をすすめられて、契約してから月々の返済は1/3になり、消費者金融からの督促も止まりました。

今は毎月ちゃんと返済しております。

あとはヒモの彼氏との関係を清算したいと思い、今までのことと苦労を話してみたら、彼氏はちゃんと就職するようになりました。

今は司法書士の先生に毎月返済する日々が続いております。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ