キャッシングは癖になりますので、早めに完済することが大事です

30代前半、男性、大阪府在住

「お金を借りるのに必要なものは」

消費者金融でお金を借りる時に必要なものは、免許証だけで良いですね。

身分証明が出来るものを一つ用意すれば、簡単にお金が借りることが出来ます。

はじめから、10万円という金額を借り入れ出来ますので、財布の中身が潤いました。

一瞬でお金が増えるのですから、金銭感覚はバカになりますね。

限界が300万円ですが、いきなり300万円は借りれないはずです。

一度お金を借りて、そのお金を完済すれば、次に借りる金額が300万円になったと思います。

もし300万円を借り入れした時の返済額は、毎月最低8万円の返済が必要になります。

もちろんのことですが、利子は毎月3万円くらいに跳ね上がっていますね。

計算が細かくないですが、そのくらいという目安には出来るでしょう。

お金を借りる時は、覚悟を決めて借り入れしましょう。

「お金を返す時は、早めに返す癖をつけましょう」

借りたお金は、「借りた」という感覚がなくなってしまいます。

財布の中に入った時から、お金は自分の物という感覚になってしまいます。

借りてしまった借金は仕方がないので、最悪、借りたモノは早めに返す癖をつけましょう。

早く返し終わらないと、また財布の中身がなくなってくると、キャッシングで引き出してしまいます。

癖になるというのは怖いもので、お金が借りれる場所があると思うと、甘えてしまうもので何回でも借りてしまいます。

人間は、楽を覚えてしまうと楽に走るということが、経験により分かりました。

借りてしまった借金は、なるべく早く完済して、利子を払うくらいならその分、貯金に回すように出来ればと思います。

100万円を超えてくると、月々の返済は厳しくなってきます。

50万を借り入れしている時点で、自分はヤバイと思うことが出来ないと、奈落の底へ一直線です。

「結果的にはどうなのか」

借金は、しないに越したことはないということです。

キャッシングは、やはりお金を直に見るので、どうしても現金の感覚がなくなります。

事業の為に銀行にお金を借りれるのであれば、その方が現実的で、信頼のある証拠です。

遊びのお金を借りるということは、しないで欲しいですね。

金銭の感覚は人によって様々ですが、お金を大事にしている人は時間も人も大事にしているように感じます。

お金を大切に扱うことが、借金から逃れる一番の方法だと思います。

消費者金融を利用している人は、まずは返済を全力で行い、普通の生活を目指して欲しいと思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ