親の事業負債の2000万円を一人で背負って返済をする

30代、男、東京在住

・ある日2000万円もの借金を背負う

借金生活は長いですが一時は2000万円以上の借金をしていたことを考えると今の200万円弱の借金は安く見えてしまいます。

この借金の大半は親の事業失敗の肩代わりであり、家族の中でも一番稼いでいる私が背負うことで合意した結果です。

子供の頃から住んでいた家や工場を手放したくないという考えがあり、それでも世界不況の煽りをもろに受けて多額の負債を抱えている会社にとって選択肢は「倒産」か「返済」の二通りしかありませんでした。

大学までのんびりとしていた私にとってこの額は驚きでしたが、それでも実家に帰るたびに工場の苦境は目に見えていました。

だからこそ2000万円もの借金を背負うこともある程度は予測できました。

・ひたすら働く返済計画

私は今、ITプログラマーとして働いています。

仕事は忙しいですが、収入は年収500万円と安定していますし、転職して100万円くらい上がりました。

収入に関しては私自身が倒れなければ問題なく維持できる額ですし、何とかしますが、借金を背負う時に実家と約束したのは「私が倒れたら工場は倒産させる」ということでした。

工場の命運を背負っているのは大変ですが仕事として張り合いがありますから悪くないかなとも思っています。

物凄い量の書類を書いて借金総額を見た時は物凄く嫌な気分になりましたが、思った以上にすんなり受け入れていました。

結局は「仕方がない」ということであり、これでも債務整理をした結果であり、1000万円近くは減らせた結果ですから、初めに4000万円以上の借金があると言われた時よりも耐性ができているのかもしれません。

返済方法は至ってシンプルで「稼いで、返す」だけです。

独身であり、借金返済を終えるまで結婚する気もありませんから家計の問題はありませんので収入の大半は返済に回せます。

ひたすら働く毎日が続きました。

金融投資の知識も身に付けてひたすら働いて、会社以外に収入が200万円くらいありますからそれもすべて返済に回します。

それを5年続けて年収700万円の内、返済額は400万円~500万円くらいになっています。

・借金に対する不信感は残る

その結果あと200万円弱になりました。

後は時間の問題ですから今は心理的にも不安なことはなく、むしろ仕事に専念できたおかげで技術も身に付きましたし、転職の誘いも受けていますからそこまで悪い状況ではありません。

しかし、二度と借金を背負いたくないとい気持ちは強くなりました。

初めの頃の銀行側の態度の冷たさや貸金業者の高圧的な態度を散々見てきましたからそれを見て、これから先彼らからお金を借りたいなんて思いません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ