借金による後悔、最初は大手の消費者金融に頼りました

30代女性、大阪府に住んでいます。

借金をしたのは友人の結婚式が続き、金欠になってしまったことがきっかけでした。

最初の借金方法『消費者金融』

20代前半、初めて借金をしました。

借金のやり方も分からない状態だったので、家のポストに入っているチラシの闇金らしき会社に電話をしたりもしました。

しかし、それを知った友人にたしなめられて、借金をするなら大手の消費者金融に行くようにアドバイスされました。

初めて消費者金融に行った時は心臓がドキドキしました。

しかし、中に入ってみると受付も申し込みも女性の方がして下さって安心できる雰囲気でした。

申し込み用紙に記入をしたり、借金の理由を聞かれたりしましたが、今まで全く借金もなく、理由もはっきりしていたので、すぐに融資をしてもらえました。

この最初の融資が癖になり、金欠になった時に消費者金融で借りるようになりました。

次の借金方法『クレジットカードローン』

転職し、新しい転職先からの給料振込の銀行が決まっており、そこの銀行口座がなかったので新しく口座を開設しました。

その際、クレジット機能のついたカードをお勧めされ、深く考えずにそのままクレジット機能のついたカードを作りました。

クレジットカードは凄く便利で危険でした。

お金がなくても買い物ができます。

現金も借りることができます。

普段の買い物は全てクレジットカードを使い、金欠になったら現金も借りていました。

そして、返済に困ったらリボ払いにしてしまって、利用可能枠ギリギリまで借金は増えていきました。

最後の借金方法『友人』

仕事をやめ、しばらく次の仕事が決まらない時期がありました。

人生の中で一番の金欠でした。

借金の返済が滞り、クレジットカードの利用はストップされました。

自分自身ではどうしたらいいか分かりませんでした。

私の異変に気付いた友人が心配して家まで来てくれました。

その頃には家賃も払えない状態になっていました。

友人から借金をするとは思ってもみなかったことですが、友人はお金を貸してくれました。

家賃と食費と光熱費のために使うようにと。

私はその時、初めて自分の愚かさを悔やみました。

そして、仕事が決まった後は一生懸命に働き、借金を返し始めました。

もちろん友人からの借金は一番先に返しました。

こんなダメな自分に対してこんなに優しくしてくれて本当に有難いと思いました。

これ以来、私は借金をしていません。

まだクレジットカードでの借金は残っていますが、毎月なるだけ多く返すようにしています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ