最初は月1万円、結婚するまでひたすら借金返済の日々

わたしは今30代の女性で、兵庫県在住です。

最初に借金をしたのは20代前半で、東京に住んでいた時です。

楽しい大学生活のためにキャッシングをする

春に大学生になり、キャッシングもできるデパートのカードを作ったのが始まりです。

買い物にはほとんど使わずに、主にキャッシングをしていました。

使い道は、ほとんど友達との交際費でした。

アルバイトをしていなかったのでお金がなく、よくキャッシングをしていたので、すぐに限度額になってしまいました。

もう1枚キャッシング専用のカードを作りました。

限度額が少し多く、すぐに利用しました。

夏休みになりアルバイトを始めて、地道に返済をしていました。

返済方法はリボ払いで毎月1万円づつ、合計2万円の支払いでした。

これだけだったら、そんなに時間が掛からないだろうと最初思っていました。

翌年、大学2年生の時に父の経営する会社が倒産しました。

大学の学費を出してもらっていたので、それが払えなくなり止むなく、自分で奨学金を借りました。

3年分で、月10万円づつだったので、合計360万円借りました。

これは利子があるタイプの奨学金でした。

美大に通っていたので、それだけでは足りずに銀行の学費ローンも借りることになりました。

父と必要書類を持って銀行に行き、420万円のローンを組みました。

銀行のローンは、借りた翌月から返済が始まり、翌月からの返済額が増えました。

アルバイトは週末と長期休暇中しかできず、金額が少なかったので、大学にいる他の生徒のように楽しい気持ちで授業を受けられなかったような気がします。

楽しい学園祭も、1週間ぐらい授業が休みになるのを利用してアルバイトをしました。

ひたすら、ひまがあればアルバイトをすることだけに必死でした。

大学3年生の時に、授業のあとに工場のアルバイトをしたのですが、長時間平日は毎日だったので、体が疲れて授業に出られないこともありました。

学業に支障が出るということで、3ヶ月くらいで辞めてしまいました。

卒業間近になり、最後の学費が払えず、今度は兄に銀行のローンをしてもらいました。

名義は兄ですが、返済は自分でしました。

なんとか大学を卒業して、アルバイトですが1日8時間働けるようになりました。

奨学金の返済もスタートしました。

返済額は、合計で毎月約7万円でした。

お給料の家賃や生活費を除いて、ほとんど返済に当てていました。

国民年金も払えないほどでした。

さらに借金を重ねる

2年過ぎた頃に、通信教育を始めました。

またローンをすることになったのですが、なぜ今でも借金が多いのに、さらに借金をしてしまったのかというと、気持ち的にすごくダメになっていたからです。

毎日会社と家を往復するだけの、だらけた日々に嫌気が差し、美大を卒業したにも関わらずに絵もまともに描いていない。

そのうち、全く絵を描かなくなってしまうんじゃないかという恐怖感で、絵の通信教育を始めました。

借金返済額が増えたので、もう一つアルバイトも始めました。

昼のバイトが終わってすぐに、近くのオフィスの掃除のバイトを2時間、月曜日~金曜日働きました。

家に帰ると9時過ぎで、ごはんを食べて、その後勉強したり、週末勉強したりしていました。

最初体がついて行かず、昼休み中に寝たりしていましたが、だんだん慣れてくると、その生活が普通になっていきました。

徐々に借金を返し終わる

貯金はだんだん貯まるようになり、卒業4年後ぐらいに2枚のキャッシングカードの返済が終わりました。

その後2年経った頃に、父の会社倒産に伴う借金が終わり、お金の援助をしてもらえるようになりました。

毎月の借金を援助から出して、自分のお給料から必要経費を除いた金額全部を貯金しました。

ある程度の額になると、奨学金の繰り上げ返済を申込みました。

奨学金が一番返済期間が長かったからです。

そうして何度か繰り上げ返済をして、本当なら25年掛かるのを、約8年で完済することができました。

その後銀行のローンも繰り上げ返済して、33歳の時に全ての借金を返済しました。

これは親の援助なしには、こんなに早く返し終わることはできなかったと思います。

最初は親の会社の倒産で、なんで自分だけこんな目に遭わなければいけないんだ、と親を恨んだ時期もありましたが、最後は親に感謝の気持ちが湧いてきました。

それに大学在学中に、同じような理由で学費が払えず、退学していった学生がたくさんいると聞いていたので、卒業させてもらえたことにも感謝の気持ちでいっぱいでした。

何より膨大な借金を、途中で投げ出さずに完済できたことが、これからの人生で大きな自信になりました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ