家族で一ケ月間乗り切る為にカードローンを利用した体験談

私は2年前に銀行系のカードローンを利用したことがあります。

借金なんか絶対にしないと思ってきたのですが、どうしても生活が苦しくて急死に一生を得た体験でした。

1. 主人の会社が急に閉鎖になり

我が家は子供が出来るのが遅く、私達夫婦が40代後半でやっと幼稚園に入園しました。

私立の幼稚園というのは意外とお金がかかるものです。

頑張って稼ごうと思っていたところ、息子の足音がうるさいと階下の家から苦情が来て、引越しをする羽目になってしまいました。

引越しで費用がかかったと思ったのですが、やっと子供可の物件に落ち着いた矢先、主人の会社が経営不振で輪番休暇になってしまったのです。

主人も休暇を利用してハローワークに通っていましたが、給与は6割となってしまい、収入は激減しました。

そんな生活が3カ月続き、とうとう会社が閉鎖になってしまったのです。

2. 銀行カードローンを利用

主人も無事に転職先を見つけることができました。

私も持っていたヘルパー2級の資格を生かしてパートを見つけたのですが、締め日の関係で今月二人で働くことができても、給料が入ってくるのは来月末でした。

今月の生活費と息子の幼稚園の費用をなんとかしなくてはならず、考えた末に、持っていた銀行カードで借入れをすることにしたのです。

初めての借入れでしたので不安で、実際にその銀行の店舗まで行き、恥ずかしながらATMの側にいたスタッフに聞きながら利用しました。

当時はまだネットバンクに口座を持っていませんでした。

コンビニのATMも利用したことがなかったので、母体である銀行ならば安心と思ったのです。

3. 翌月まで節約の日々

借りたお金は10万円でした。

その一ヶ月は主人と息子に申し訳なかったのですが、食事はきのこともやしのおかずばかりでした。

しかし、お陰で幼稚園も無事に通うことができ、入園金や制服代含めて13万円も支払うことができました。

引越しと共に車も手放してしまったので、いつでもどこでも自転車か徒歩でしたが、お陰で足腰も丈夫になりました。

息子も2時間くらいなら平気で歩ける

程になりました。

翌月、無事に主人の初任給と私のパート代が入り、返済に充てることができました。

返済月も生活はかなり苦しいものでしたが、2~3ヶ月で普通に生活ができるようになりました。

転職をする際には、働き始めた月にすぐお給料が入る訳ではないということを覚悟する必要があります。

また、ネットバンクに口座を持っていると便利だということが分かり、早速口座を開きました。

あれから2年、また何か会った時の為に、時折カードローンのサイトで最新の情報をチェックしています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ