マルイのカード、ショッピングローン、キャバクラバイト、そして…

30代 女性 東京都在住

・始まりはマルイのカードから

20代初めのころ、「マルイのカード」に憧れて、マルイで初めてカードを作りました。当時アルバイトをしていましたが、気軽に作れました。限度額は10万円で、化粧品をシリーズ買いしたのを覚えています。 

何か月か経ち、新宿の路上でキャッチセールスに引っ掛かり(後からわかったのですが)、高級化粧品というものを学研クレジットで30回払いしたのを覚えています。

全部使い切った記憶がありますが、購入1年を過ぎてからは、その業者からは全く連絡が無かったので、騙されたと思いました。

・痩せてきれいになりたかったけど

高級化粧品のローンを払いきった当時は23歳の頃。周りの知人が皆痩せていて、大柄で顔にニキビ跡だらけの私は、容姿にかなりコンプレックスを抱いていました。

しかし、全身エステは高いので、せめて体を動かしてきれいになりたいために、大手エステが経営するフィットネスに入会しました。お手頃価格で体験でもよかったのですが、「高い目標を持って痩せたいなら継続的に通ってください」と説得され、ローンを組んでしまいました。 

コースと健康食品、器具でトータル200万円以上。車のローンを含めて300万円以上はありました。

親と暮らして働いていましたが、給料の半分以上はローンの支払いとなったため、少しでも余裕を持たせるため、ランチを抜いて夜はセクシーキャバクラでバイトをしました。

しかし、食事を抜くことでインストラクターに注意され、ローンは支払わなくてはならないなどの悪循環となり、フィットネスは退会し、キャバクラの仕事もお客が取れないため半年でクビ。ローンだけが残りました。

・こんな私でもクレジットカードが持てた!

キャバクラのバイトをしていた目的がもう1つあり、親友と海外旅行をするためでもありました。

ローンを支払いながら貯金をし、海外旅行で使えるからと、VASA付きのセゾンカードを作りました。

支払いは車もフィットネスも含め、今まで滞っていたことはなかったためか、審査が通った時はうれしかったです。

クレジットカードが1枚あると、大人の女性として認められるような気がしたからです。

クレジットカードを使ってシンガポールでショッピングを楽しみ、帰国後は貯めていた貯金で一括に支払ったので、
爽快な気分になりました。

・おまとめローン

クレジットカードではショッピングのほかに、「おまとめローン」というのがありました。

複数の支払いを一つにまとめてしまおうというやつですが、150万円で申込み、審査が通ったので、一気にフィットネスのローンを完済させました。

また、当時交際していた現在の主人から結婚を申し込まれました。借金があることも気にしないというので、車を売却し、保険を解約し、貯金していた少額のお金で結婚生活を過ごしました。(次回に続く)


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ