貯金なし、失業!借金を返せなければ首をつらなければならない…

30代で岩手県に住んでいる女です。

【借金の種類】

10年ほど前のできごとです。

カードローンで、家電品の購入をしました。

月々数万円を数回払いで、完済の設定計算にしていました。

当時は、飲食店でアルバイトをしていました。

アルバイトをしていて、定期収入もあったため、何事もなく無事に返済できるはずだったので、カードローンでの返済契約でパソコンを購入をしました。

【借金をした経緯】

かろうじて、壊れていない自前のパソコンの購入するためのカードローンでした。

使っていたパソコンは、なんとか使えてはいましたが、機能性は明らかに落ちていました。

音も、おかしな音がしていました。

ファンの近くから「ギーガラガラガラガラガラー」と鳴り続けていました。

パソコンからそんな音がするなんて、と思って、これは買い換えないとまずいと思い、思い切って新しいパソコンを購入することにしました。

使用年数も10年近く経過していたので、良い買い替え時だと思ったからです。

しかし、貯蓄は全くしていませんでした。

貯蓄は全くないのにも関わらず、パソコンが無いと非常に困ります。

そこで、もっていたクレジットカードでローン返済での購入に至りました。

【返済方法】

バイトのお給料で返済できるつもりでいました。

ですが、突然辞めることになり、失業しました。

貯蓄もないのに職を失い、カード返済の残額が残っているという緊急事態です。

カード会社に、月々の返済額の変更をお願いしましたが、かなりきつい口調で、「できません!!」と言われてしまい、途方にくれました。

いろいろ考えた末、できることを全てやることにしました。

いままで持っていたけれど、一切使っていない高級バックやお財布、宝石など片っ端から売りました。

何かあった時のためにと思いずっと持っていた財産(?)です。

自分にとっては財産でした。

【借金返済中の心境】

返せなければ、首を吊らないといけないと思いました。

あれほど怖い思いをしたことは、いままでの人生経験上一度もありません。

入院手術経験がありますが、はっきり言って全身麻酔の手術よりも怖い思いをしました。

また別物の、恐ろしさがありました。

【借金を完済した後の気持ち】

貯蓄なしでのカードローンは、やるべきではないと思いました。

あんなに晴れやかで心の軽い思いをしたことはありません。

貯金無しや、貯蓄がほぼ無い状態でのカードローンは二度としないと決意した出来事でもありました。

普通は、貯蓄無しならカードローンをそもそもしない人の方が多いと思うので、自分の甘さ、収支計算できない緩さなど自分自身にもガッカリしたので、その後は、こういうことは一切ありません。

【借金予定の方へアドバイスするとしたら】

収支計算をよくした上で、した方が良いと思います。

それと、人生何があるかわからないので、金欠のときに、何も新しいものを買うこともないです。

今はネットオークションや中古でも良いものがたくさんあります。

新品でも安くて良いものがたくさんあります。

それは、パソコンだけではなく、服やバックなど全般に言えます。

身の丈に合った生活が、結局、精神的にも物質的にも豊かな生活を送るポイントになります。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ