退学・無職、いい歳をしていまだに仕送りを受けているクズ人間です私は

20代、男性、東京都在住。

・簡単に借金をした私のプライドやモラルは皆無

借金をするのに躊躇はありませんでした。

普通の人ですと、消費者金融で借金をするという事はまっとうな人生から踏み外してしまうかもしれない、といった恐ろしさを感じているようですが、元々モラルが無く、常識も持ち合わせておらず、何事にもルーズは自分は人と遊ぶための交際費が必要になった際にささっとインターネットから某有名消費者金融会社のサイトに接続し、必要事項を記入してお金を借りました。

・アウトローを気取っていてもつまりは只の情けが無い負け組

借金をするようになった原因は、働きたくない私の怠け癖にもありました。

私は怠け癖から大学を多浪、多留してしまい留年が何度も重なった挙句に退学となってしまいそのままずるずると無職のまま過ごしています。

やや名の知れた理系の大学に通っていたのに多額の奨学金を背負い、留年の際に奨学金が貰えなくなったために実家の両親にも学費のために借金させて通った挙句の果てが退学です。

負け組みになってしまった、といった劣等感から私は今更働く気も無く、大学のために一人暮らしで住んでいたアパートに今でも住み続け、生活費は未だに仕送りのみに頼っています。

他人に自分の事を話す時は、「俺は孤独でアウトローだからさあ、お金が無いし、借金もあるんだ」だなんて、アウトローと言ってやや格好良く脚色していますが実際のところは親の仕送りに頼って生活をしているとても情けが無い人間です。

働くのが大嫌いであり、堂々とニートをしていられる大学生という身分を剥奪されたというのにいつまで経っても働かないために仕送りだけでしのぐのが辛い月に消費者金融を利用したのです。

・仕送りのお金の中から返済をしつつ遊ぶ日々

働くのは嫌であっても人と接するのは大好きな自分はインターネットで知り合った女性と遊ぶために交際費が必要なのです。

ちなみに、貧困すぎてインターネット回線が引けないのでスマートフォンのネット回線を引いています。

インターネットのチャットだけは得意な自分は、ネットで女性と知り合っては自宅に呼ぶのですが、その自宅があまりにも貧しそうなためか、一度「そんな身なりと部屋でよく女を呼べたね」と叱られたことがあります。

ネットで執拗に人間と交際をしたがるのはもしかしたら貢いでくれるかも、借金を肩代わりしてくれるかもといった下心もあります。

こうして他人に期待をしてばかりいるので借金がいつまで経っても返済できないのかもしれません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ