カードのリボ払いから転落していった私の借金人生

埼玉県 36歳 男性 会社員

始まりはリボ

私の借金の始まりは、クレジットカードのリボ払いからでした。

会社員とは言っても手取り20万円前後の薄給でしたから、生活にあまり余裕はありません。

でも、リボ払いならある程度高価なものを買っても、月々の返済額は高くなりませんから(その代わり返済期間が長くなりますが)、生活に余裕が無くても、高級家具など身分不相応なものを私はたくさん買ってしまっていました。

リボ払いと言っても、借金の金額が50万、60万となってくると月々の返済金額は5万円とか6万円になってきますから、そうなると給料だけでは返済ができないというような状況になってしまいます。

次は消費者金融からの借り入れ

給料だけではリボ払いの返済が厳しくなってしまった私は、消費者金融から現金を借り入れして、リボ払いの返済に充てるようにせざるを得なくなってしまっていました。

世間で良く言われるところの自転車操業ですね。

6万円のリボ払いの返済をするために6万円消費者金融から借り入れをして、その借り入れをまた消費者金融からの借金で補うという完全悪循環に陥ってしまい、私の借金総額はカード会社と消費者金融を併せて150万円を越えるほどに膨れあがってしまっていました。

金利の計算をしてみると

私は一度冷静になって、もしここで借金をするのをやめて、このまま給料から6万円を絞りだして真面目に返済をし続けたら、いつ借金が返し終わるんだろうと金利を計算をしてみたことがあります。

カード会社や消費者金融の金利計算って、素人では簡単に計算ができないようわざと難しい計算式を使ったりしているのですが、元々数学が得意だった私にはそれほど難しい計算ではありませんでした。

でも、そこでわかったのは、「このまま返し続けていても、ほとんど元金は減っていかない」という厳しい事実でした。

リボ払いというのは月々の返済額を少なくできる代わりに、高額な金利が設定されていますし、消費者金融の金利は元からが高い設定です。

このままいつまで返しても借金が減っていかない現実は、生きる希望や働くモチベーションを失わせるに十分なものでした。

自分のだらしなさや甘えが招いた結果ですから受け入れるしかないわけですが、精神的にはかなり堪えます。

そこで債務整理に踏み切った私

私は精神的におかしくなってしまいそうだったので、弁護士さんに相談をして任意整理をすることにしました。

ブラックリストに載ってしまったりするのですが、どうも借金というものに甘えてしまう傾向がある私には、逆にお金が借りれなくなった方が良いのではないかと考えたのです。

幸い交渉は良い条件で妥結され、今では元金の半分まで返済が終わりました。

もう二度と借金はしまいと今では心に誓っています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ