お人好しな夫が作った800万円もの借金で家庭崩壊寸前でした

茨城県在住の、50代主婦の借金生活から解放されるまでの道のりについてです

突然の多額の負債

主人は人はいいのですが、調子に乗りすぎることがあり、頼まれると嫌と言えない人柄です。

夜中に同僚を呼んで来たり、よくわからないものを分割支払いで購入したりといったことがありました。

それでも家族仲良くやってきていましたが、ある日突然、思いもよらぬ通知が届きました。

主人が保証人になった会社の同僚がいなくなってしまい、借金の支払いの請求がきました。

人のいい主人にあきれながらも、何とかしてあげようと思って金額を確認すると、800万円の返済でした。

貯金を切り崩してもとても800万円ものお金はありません。

利息が増えていくことは用意に理解できますし、早急に資産の切り崩しを行いました。

200万円の返済

悩んだ末、持っていた住宅さえも売り飛ばして、何とか借金の残高を200万円までに減らすことができました。

しかし、済んでいた家も手放すことになり、驚くほど古いアパートに家賃4万円で生活しています。

とはいえ、残り200万円であれば返済のめども何とかなりそうです。

長期的に計画を立てて、無理せず5年での完済を目指すことにしました。

借金は早く返すに越したことはありませんが、今は生活自体が厳しい状況です。

この時期に無理な返済計画を立てることよりも、確実に返せる金額を計算して、まずは完済を目指すことを目標にしました。

主人も協力してくれて、おおむね計画通りに返済していきました。

予想外の出来事

このまま順調に返済していけば楽になるとの一心で頑張ってきましたが、思わぬトラブルが起こりました。

なんと主人が事故を起こしてしまったのです。

幸い主人に大きなけがはありませんでしたが、今度は慰謝料の話も出てきて、正直返済額も意味が分からなくなってきました

とにかくお金が足りないことだけはわかったので、借り入れ先を探したのですが、どこも貸してくれません。

そこで唯一貸し出しをしてくれたのが消費者金融でした。

当面んお金は何とかなりましたが、月々の返済額はここで倍以上に膨れ上がりました。

毎日お金のことしか考えれず、ただただ返済の為だけに生活しているようでした。

過払い金の払い戻し

そんな生活を続けている時に、息子から過払い金の話を聞きました。

今まで払っていた借金がなくなるかもしれないということで、さっそく地元の知人の行政書士に相談に行きました。

なんで今まで相談してくれなかったのかと少し怒られましたが、格安の料金で借金を全てなくすことができました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ