700万円以上?私が体験した親戚の息子さんの悲惨な借金話

20代後半、男性、茨城県

・親戚の息子の浪費癖

私には親戚が多くおり、今回騒動になったのが父親の弟の息子さんです。

父親の弟は私の父親と比べ、昔の頑固親父をそのまま現代に持っていたかのように非常に厳しい方です。

そのためか、弟さんの息子には誕生日やクリスマス等の決まった日にち以外にゲームを購入したりせず、もしねだってくるものなら頬にびんたを浴びせていました。

その息子さんも、新社会人として社会に出るようになってからはまるで水を得た魚のように遊びまわるようになりました。

ギャンブルに手を出し始めたり、少ない給料にもかかわらず高額なブランド品を購入したりしていたようです。

そんな高額な商品を購入しているからか月末になると私や歳の近い親戚を頼って借金をするようになっていきました。

私はしつこく来る息子さんに一円も貸したことはございませんが多い方ですと50万円以上の借金をしていたようです。

・返済しきれないほど抱えてしまった借金

そんなある日、父親の弟さんから電話がかかってきました。

電話でとにかく謝罪したいとだけしか言っていないため、ただ事ではないと感じて父親の弟さんの家まで、着の身着のまま向かいました。

弟さんの家に到着すると1階の窓ガラスがそこら中割れており、その時は泥棒が侵入したのかと思ってしまいました。

しかし、中に入って確認するとぼろぼろになって土下座をしている息子さんと今にも殴りかかろうとしている弟さんを止めようとしている私と歳の近い親戚がいました。

歳の近い親戚から話を聞くと、とうとう返せないほど借金を抱えてしまったため親に借金を頼みにきたようです。その話を聞いた弟さんは激怒してしまいこのありさまになったようです。

他の親戚は、私同様に弟さんに呼ばれたようです。

息子さんの抱えた借金は消費者金融に留まらず、なんと闇金融にも手が伸びていました。その闇金融の借金も加わりとうとう700万円に膨れ上がってしまったようです。


・借金を協力して返済する

私達親戚一同は、その息子さんの借金を協力して返済することに決定しました。

と言うのも、弟さんには様々な所でお世話になっていたからです。

例えばマイホームを購入するときに、知り合いの工務店を紹介していただき他のところと比べて半額の料金でお願いできたり、またある親戚は結婚式の式場の料金を出してもらった方までいました。

そんなことをしなくて良いと弟さんは言いましたが、今までの恩返しとして借金している分、特に闇金融の借金分を前倒しして返済しました。そして残った200万円ほどの借金は分割して息子さんが返済していくことに決定しました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ