服がほしいという気持ちを抑えられない!銀行のカードで…

私は40代女性で富山に住んでいます 。

・カードローンを利用するようになったきっかけについて

私のカードローン体験記を書きたいと思います。

私がカードローンを利用していたのは、就職してから結婚するまでの3年間ほどです。

こう書いてみると短いような気がしますが、自分にとっては長かったように思います。

就職した私は大人になったような気がしていたのかもしれません。

学生時代は自分で自由に使うお金が少なく、いつもお金が欲しいなと思っていました。

アルバイトをしてはいたのですが、長期間のアルバイトはなかなか出来ず、親からもらうお小遣いで欲しいものを買っていました。

自分の銀行口座というものも持っていませんでした。

しかし、人からお金を借りるという事はありませんでした。

お金は少ないなりに楽しく生活していました。

就職が決まり、給料の振込みのために銀行に口座を作る事になりました。

その時に一つのカードでカードローンも利用出来るというものを作りました。

最初からカードローンを利用しよう、と思った訳ではなくて銀行の方に進められて作りました。

・カードローンを利用してみて

給料で車のローンも払っていたので、お小遣いが足りなくなる事もあったのですが、実家暮らしでしたので何とかやっていました。

最初は学生時代の延長という感じで生活していたのですが、しばらくしてブランドのバッグや洋服が欲しくなってきました。

その時に彼氏が出来たのも大きかったと思うのですが、色々な洋服が欲しくなってしまいました。

社会人になったという事もあって、少し良い洋服が欲しいと思った事も大きかったのかな、とも思います。

就職して恥ずかしい格好をしたくない、という事もありました。

給料日前にお金が足りなくなる事もあり、カードローンを利用する事になりました。

カードローンと言っても、自分のいつも使っている銀行のカードで簡単に利用出来るので、あまり抵抗はありませんでした。

銀行のカードローンという事で安心していました。

ローンなんて大げさに考えずに使っていように思います。

お金が口座に無くなったら、カードローンで引き出すという感じでした。

大変便利に使えるので、毎月のように使っていました。

若かったせいか、もともとの性格からか金利などは考えずに利用していました。

・カードローンを利用したのを一つの経験として

今だったらよく考えてからカードローンを利用するのに、と大変悔しいですが若い時のそういった経験も大事かな、とも思います。

あれからカードローンは利用していませんが、今はカードローンも変わってきていると思います。

もし利用する事があったら、よく考えて比べて利用したいと思っています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ