自堕落な金の使い方をしていた女性の借金返済日記

・借金の理由

私は広島県に住む30代の女性です。

10年程前に社会人として働きながら通信制の専門学校に通っており、一年毎にまとまった学費を振り込まなければいけませんでした。

当時の給料は手取りで13~15万円程。

会社の寮に入っていたので、貯金と生活費に当てるお金は今考えれば充分にありました。

しかし洋服代や交際費で毎月次の給料日までにはほとんど使ってしまう状態。

専門学校の振り込みの時期が近付くと焦って節制していたのですが、その年はどうにもなりませんでした。

自分の落ち度を叱られるのが目に見えていたので親に頼る事も出来ず、消費者金融の無人契約機に足を運びました。

・審査を受けて

機械に従って画面を操作して、すぐに契約が成立しました。

成人してすぐで信用情報に何も引っ掛かる点がなかったのでしょう。

勤務先に在籍確認の電話が入る事に対して、消費者金融でお金を借りた事がバレてしまうのではないかと不安でしたが、個人名で決して会社名を出さないとの事で安心しました。

この無人契約機はまるで銀行のATMを使っている様な手軽さで、これが自分にとって借金をするという事の大きさに対する気持ちが軽減してしまう原因となったのだと思います。

・上限金額と返済期日

勤続年数が短い為、借り入れの上限金額は20万円でしたが、学校への支払いで足りなかった分は10万円程だったので充分な金額でした。

給料日の3日後が支払い期日で、利息分と返済分で毎月最低7千円は振り込む形と事となりました。

利子が付く事は知っていたし、その会社の無人契約機が通勤で使う道に何件かあったので返済に対しての不安はありませんでした。

・二度目の借り入れ

寮を出て独り暮らしをする事にしたのですが、部屋も決まってあとは契約となった時に敷金や礼金、家賃の合計25万円程を契約書と一緒に持って来る様にと言われました。

初めての独り暮らしで最初にそんなにもまとまったお金が必要だという事を知らなかったので、その分の貯金は用意していませんでした。

しかしもう後に引く事が出来ず、あと数万円まで返済していた借り入れを上限金額の20万円まで借り入れました。

またいつもの様に毎月7千円ずつ返していけば良いのだから、変わらないと思ったのです。

・度重なる借り入れ

それから毎月期日の前の日には忘れずに返済しながらも、節制して一日も早く完済してしまおうという気持ちはありませんでした。

毎月こうやって払っていれば、いつか完済となるのだから大丈夫と安心していたのです。

しかし借金を繰り返しする人や多重債務者にありがちな、上限金額=自分の使えるお金という勘違いがいつの間にか自分の中に産まれていました。

生活費や交際費が給料日前に足りなくなっては少し借り入れし、また給料で返済に当てるという期間が長く続きました。

・完済

現在の主人と出会い、結婚を意識し始めてからようやくこのままではいけないと目が覚めました。

借金がある状態では結婚なんて出来ないし、こそこそと返済をする姿を誰かに見られたらどうしようと毎月、何年も不安で、その生活を終わらせたいとも思いました。

それからは払っても払っても終わらない最低金額ではなく、目に見えて残金が減る様に2~3万円ずつ返済していき長い借金生活を終える事が出来たのです。

返済しては借り入れして、信用情報によって上限金額が上がり、また借り入れしての繰り返しで7年以上かかりました。

完済後はまた自分が消費者金融に甘えてしまうのを防ぐ為に解約し、カードにハサミを入れて処分しました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ