30代男の上手な借金生活とその返済体験談

30代、男、東京都

私が初めて借金をしたのは大学3年の頃でした。

当時の私は金遣いが荒かったわけではありませんでしたが、車を買ってお金がありませんでした。

車は額の私にとって一種のステータスみたいなものでしたから見栄を張って高い車を買ってしまい、当初の予定よりも予算がオーバーしてしまい生活ができなくなってしまったから近くのサラ金から5万円ほど借りました。

学生でも簡単にお金は借りられます。

審査も難しくなくバイト収入があれば特に身分は問題とされずにその日の内に借りることができました。

学生の頃借りたのはそれっきりです。

しかし、カード自体は持ったままでしたから借りようと思えば20万円までは借りられました。

社会人になり不規則ですが今でもキャッシングは利用しています。

5万円~10万円の内で飲み代や忘年会費、海外旅行の費用、友人の結婚式などに使っています。

自分ではうまく借金をしていると思っています。

最高で20万円ほどしか借りたことがありませんから、返済も計画的にしています。

もちろん周りには言っていません。

結婚式など行事が増える年齢になり、給料は変わりませんからどうしても一定の臨時出費をしなくてはならない時はあります。

ボーナスもありますが、夏の海外旅行と冬場の投資費用などにボーナスは使い切ってしまいます。

これだけは止められません。 

正直言うと投資用の口座には1000万円以上ありますが、定期預金や債券などに分散しており自由には使えないようになっていますから借金をしているのです。

私の返済方法は金額にもよりますが3ヶ月~4か月以内と決めての返済です。

金額が仮に10万円だとすれば月返済は3万円くらいです。

食費は自炊に切り替えて、弁当も自分で作りますし、コンビニコーヒーが自宅からお茶を入れた水筒になります。

会社でお茶は補給できますからタダです。

飲み会の回数も減らしますし、趣味の映画鑑賞も減り、自宅でパソコン動画になります。

彼女と会う回数も減りますし、外で食べることを減らして家で食事をすることが増えます。

食費は自炊にすると大幅に減りますが、1年を通して自炊したいとは思いません。

プレミアムビールが第3のビールに格下げしたり、おつまみも買わなくなったりして節約します。

塵も積もれば3万円の節約は出来ます。

ポイントは1年を通して我慢しないことです。

私の性格上我慢は嫌いなので、「やりたいことやる」人生です。

借金の頻度は年に1回から多くて3回程度ですからこのような生活にメリハリが出て意外と楽しんでいる自分がいます。

たぶん家族を持つまではこの生活を続けると思いますからあと数年程度となります。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ