親戚の息子が1000万円の借金…親が選んだ非情な手段とは?

20代後半、男性、茨城県

私には親戚がたくさんございますが、その中でも半年前に発生した親戚の騒動が今でも忘れられません。 

・親戚の息子B

私には以前からお世話になっているAと言う60代の親戚がございます。

その親戚の方から私の兄と私は昔から可愛がられ、マイホームを購入する際に半分を出してもらったり、結婚式の資金もこちらで用意してやると全額負担していただけたこともありました。

そんな親戚Aにも息子さんがいます。ここではBと記述致します。

Bは就職したのは良いが、わずか3ヶ月で退職してしまいその後はギャンブルに明け暮れるようになりました。その幅はパチスロから競艇、競馬に至るまで様々なことを行っていたようです。

・親戚の息子Bの借金発覚

ちょうど半年前のことです。親戚Aから電話がかかってきました。何が何だか分からないまま親戚Aの家に行くと集まれるだけの親戚が集合していました。何が起きたのかと思い聞いてみるとBが1000万円以上の借金をしていたと言う事です。

働いていた時に稼いだお金も使い果たしたBはとうとう消費者金融に手を出すようになり、儲けが出れば返済すると言う風にしていたようです。

しかし、ほとんどが負けに終わってしまっていたためとうとう消費者金融も利用限度額がいっぱいになり、親に頭を下げてお金を工面してほしいと言って借金が発覚したようです。

・自己破産と絶縁

後から聞いた話ですが、借金の話に激怒した親戚AがBの胸ぐらをつかんで投げ飛ばしたり殴打を繰り返したりと殺伐とした状況が続いていたようです。

その後の息子Bはとうとう絶縁をされ、B自身で自己破産宣告をすることとなりました。他の親戚は、今回のことは大目に見たほうが良いのではと提案しましたが、却下されてしまいとうとうBは自己破産を行いました。

自己破産後のBは、時折私の家にやってきてはお金を貸してほしいと来たことがあります。しかし、以前のギャンブルのこともありますし絶対にお金を貸すことはありませんでした。

現在、親戚Aが他の親戚に迷惑をかけてはいけないと言う事で関東圏内ではない所へ強制的に引越しをさせたようです。

そのため現在Bはどこに住んでいるのかは定かではございません。

ただ、そのおかげかBがお金を借りに来た際に近所に迷惑をかけることもなくなったため良いと感じています。

最後になりますが、親戚に自己破産で悩まれている方がいらっしゃるかと思いますが、まずはどこかの機関で相談される方が良いでしょう。

私達の親戚の場合、すぐに自己破産宣告をしてしまいましたが、解決の糸口は見つかるかと思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ