美大に通うには金がかかる、キャッシングを繰り返した女性の嘆き

今私は30代の女性です。

最初にお金を借りたのは20代前半の時です。あまり深く考えずに、すぐに返せば良いと思っていたと思います。

東京に住み、大学に入学してしばらくは大学に慣れるためにアルバイトをしていませんでした。親からの仕送りがありましたが、それだけでは足りずに、大学最寄り駅にあったデパートのカードを作りました。

買い物に使えるために作ったカードでキャッシングもできると初めて知りました。

限度額が10万円でしたが、カードができたらすぐに利用しました。

あまりに手軽に借りられるため、何度も利用してすぐに限度額になってしまいました。系列のキャッシング専用カードも作りました。

こちらは限度額が20万円でした。どちらのカードもリボ払いで翌月から1万円づつ返済していました。

翌年大学2年の時に親の会社が倒産しました。大学の学費を払ってもらえなくなり、奨学金を申込みました。3年分で360万円借りました。

美大に行っていたので、奨学金だけでは足りずに銀行の学費ローンも申込みました。420万円くらいだったと思います。奨学金は卒業してから返済が始まりますが、学費ローンは翌月から返済が始まり、アルバイトの身としては少しきつくなってきました。

両親が仕事を探しに上京してきたため新しい部屋に引越し、家賃も半分払うことになり、余計に金銭面できつくなりました。

アルバイトのお給料が足りなくなると、キャッシングを繰り返してしまい、なかなか返済金額が減りませんでした。

卒業間近の4年生の秋に最後の学費が払えず、今度は兄に銀行のローンをしてもらい、それも自分で返すことになりました。80万円くらいでした。

卒業してから、アルバイトでしたがまともに働いていたので、毎月総額5万円づつ返済していました。

2年ほど経った頃、1つのアルバイトだけではらちが明かないと言うことで、もうひとつアルバイトを始めました。

2つのアルバイトでもらったお給料から、返済金と家賃と生活費と3万円のお小遣いを除いたお金を全て貯めていました。

ある程度の金額が貯まると、奨学金の繰り上げ返済をしました。

約7年経ったころに、リボ払いで返済していたデパートのカードとキャッシング専用カードが完済しました。これで少し、毎月の借金が減りました。

8年程経った頃に、親の会社の借金が終わり、父から毎月のお金の援助が受けられることになりました。

そして初めてキャッシングをしてから11年後に、全ての借金を完済しました。

長い道のりでしたが、肩の荷が下りました。

20代から30代前半に借金人生を送ったことで、お金の使い方をよく考えるようになりました。

20代前半は無駄遣いをよくしていましたが、お金の使い方を意識するようになり、完済する時には節約家になっていました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ