両親が激怒…パチンコのためにキャッシングの利用をしてしもうた

30代 男性 兵庫県

就職活動の失敗

私は京都府の大学に通っていたのですが、大学であまり勉強をせずに遊びまわってばかりいましたので、単位を取ることが出来ていませんでした。

単位を取ることが出来ませんと、4回生になってからも講義に出席しなければならなくなるので、中々就職活動をすることが出来なくなります。

まわりの友人は単位も取得して積極的に就職活動をしていたのですが、私はそんな中1人講義に出る学生生活になってしまい、結局就職することが出来ませんでした。

両親からも激怒されましたし、私自身も恥ずかしい気持ちだったのですが、仕方ありませんので卒業してからはパチンコ屋のアルバイトをすることになりました。

パチンコ中心の生活

それまではパチンコをしたことがなかったのですが、自分でパチンコ屋でアルバイトをするようになると、どうしてもアルバイト先の話題はパチンコのことばかりになります。

個人的にも興味が沸きましたので、違うパチンコ屋にアルバイト先の同僚に連れられて遊んでみることにしました。

そうするとこんなに楽しいものなのかとパチンコにハマってしまい、アルバイトがない時はいつもパチンコ屋に行くような生活になりました。

私は実家に住んでいたのですが、休みの日はパチンコを遊びに行ってアルバイトはパチンコ屋とパチンコが中心の生活になってしまいました。

パチンコばかり遊んでいたのですが、そうするとだんだんとお金がなくなってしまいます。

パチンコで遊びたいのですが、自分のアルバイトの給料を全て使って遊べない状況になっていました。


キャッシングの利用

そんな中、どうにかしてお金を手に入れられないかと考えて、キャッシングを利用しました。

私はフリーターの立場だったので、審査が緩いキャッシングを選んで利用することにしました。

キャッシングで借りたお金でパチンコを遊んで、また借りてパチンコを遊ぶといったような生活を繰り返すうちに、借金が100万円ほどになっていました。

返済することが出来なくなり、実家にも督促状が届くようになりました。

借金の立て替え

当然親に借金があることがバレてしまったのですが、就職活動に失敗した時よりも激怒されました。

父親は怒りながらも借金を立て替えると言ってくれました。

私としては、本当に恥ずかしい思いをしましたので、もうパチンコをすることは止めようと誓いました。

キャッシングを利用する時は、計画的に借りなければならないと痛感しました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ