40代で600万円超の借金を背負い自己破産寸前でした

40代、男、東京

昔、自己破産しかけたことがありました。

40代で600万円以上の借金を背負って、借り入れができなくなった時に自己破産を考えました。

借金というものは癖のようなものです。

一度借りると「お金を借りている」という感覚は残りますが、それが何度か重ねるにつれて意識がなくなります。

その内に「お金を引き出している」という感覚になります。

こうなるともはや借金ではありませんから、次々と借金重ねていきました。

初めに借りたのは生活苦でした。

サラリーマンでしたが、結婚して、住宅ローンや自動車ローンの支払いが不況の真っただ中のボーナスゼロの時にきました。

この支払いにキャッシングを利用しました。

審査は思った以上に簡単でした。

必要書類と印鑑を持って無人機に行くと1時間程度で50万円が振り込まれました。

審査の早さが売りなのですが、早すぎて逆に怖くなったのを覚えています。

サラリーマンという身分はお金を借りる上では強みです。

収入が安定していますし、ボーナスがなくなっても給料がなくなるわけではありませんからどのキャッシング会社でも「ボーナスゼロ」は問題になりませんでした。

その結果、クレジットカード10社、消費者金融5社、カードローン3社からお金が借りられました。

何故ここまで複数の会社にお金を借りたのかは初めに言った通りです。

最初借りた時はすぐに返済しました。

返済計画もきちんと立ててそれに沿って引き落としの返済が行われました。

でも、それも3度目の借金から滞り始めました。

給料が増えないのに住宅ローンは毎月決まっていますから、返済は止められません。

そして子供の教育費や自分の自動車の趣味にお金がかかり借金返済の余裕などなくなりました。

借金の不思議なところは「お金を引き出している」という感覚になると「返済するのが勿体ない」という感覚が生まれる点です。

自分のお金のような感覚が返済をためらわせているのです。

こうなると自分ではどうすることもできませんから、妻が借金について言うまでは自分では「借金をしている」感覚はありませんでした。

20社近くからお金を借りていれば妻に隠しようがありません。

そこから、いったんお金を借りるのをやめて借金総額を調べると600万円以上ということが分かり、血の気が引きました。
自分の中では100万円程度だと思っていましたから、なおさらびっくりです。

自己破産するか、返済するかを弁護士に考えてもらい、子供のことを考えて債務整理をしながら借金返済に決まりました。

一度返済が決まると、私の趣味だった車は売り払われました。

私の私物はすべて売ってお金に変えられました。

涙も出ませんでしたし、抵抗する気持ちも起きませんでした。

あれだけこだわっていた車が売られたとき、自分の中で何かが変わったような気がします。

借金の催眠が解けた気分です。

今では読書が趣味で、たまに映画を見たりしますが、お金はすべて妻の管理下です。

「借金地獄は自業自得」だと切り捨てていた時期もありましたが、あの借金の感覚を経験した今ではそのようなことはとても言えません。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ