借金のきっかけは引越費用、融資限度額を引き上げてしまった末路とは?

30代、男、東京都在住です。会社員です。

●住んでいたアパートが老朽化して

僕が最初に消費者金融から借金をしたのは、20代後半の時でした。

当時住んでいたのが非常に古いアパートで、そこから引っ越すための費用を借りたのです。

住み始めた時からすでにかなり古く、さらに風呂もないというアパートでした。

ある日ついに、そこの部屋の床が沈み出すという恐ろしいことになりました。

これは一刻も早く脱出しなくてはいけないと思いました。

ところが金がありません。

まあ、お金に余裕があるのならとっくに引っ越しているはずです。

それで、生まれて初めて消費者金融からお金を借りることにしました。

●初めての借金

業者選びはあまり深く考えず、テレビなどで盛んに宣伝している最大手の消費者金融から借りることにし、店舗に入りました。

当時フリーターだったことがちょっと不安でしたが、借りる額が多額ではないので大丈夫でした。

無事、30万円を借りることができました。

そのお金で引越をしました。

元住んでいたアパートは、そのほんの数ヶ月後に取り壊しになってしまいました。

それほど老朽化していたのです。

●次第に借金がふくれあがり

借金の返済は、最初から楽ではありませんでした。

月1万円ぐらいの返済金額でも、貧乏なフリーターにとっては厳しい。

それでもなんとか頑張って、一応滞納はせずに頑張りました。

しかし返済しても、すぐに限度額いっぱいまで借りるという日々を過ごしていました。

1年ぐらいそうやっていると、一応滞納はないので優良な債務者ということになります。

だからだと思うのですが、業者から限度額を上げないかという誘いの電話がかかってくるようになりました。

これ以上借金が増えては大変だからということで最初は断っていたんですが、業者の「限度額を引き上げても、借りなければいい。もしもの時のため」という言葉に誘惑され、応じてしまいました。

そうすると、こんどは「使えるお金がある」という誘惑に耐えきれません。

結局数ヶ月のうちに限度額いっぱいまで借りてしまいました。

そういうことが、数年に一度ぐらいありました。

途中でフリーターから正社員になると、借りられる条件がずっとよくなりました。

そのこともあり、融資限度額を引き上げ続けて、10年後には借金総額は200万円になってしまいました。

それからは一応借入額は増えてないのですが、いまだに返済に苦しんでいます。

融資限度額引き上げは、本当に慎重にやらなければいけない、と痛感しています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ