酔っ払って生活費を使ってしまい親にも相談できませんでした

きっかけについて

初めて借金をするほどお金に困ったのは、本当にくだらないことでした。

友達と呑みに行った時に酔っぱらってしまい、生活費も含めて呑み代に使いきってしまったのです。

給料日直後だったのですが、ほとんどを使い切ってしまい、しかもどこでどう使ったのかの記憶もあいまいです。

当面の生活費がなくても親元に住んでいたので、しばらくはなんとかなりました。

しかし、月々の支払いができず、理由が理由なため親にも相談できずに困っていた時に利用したのが消費者金融です。

初めてのキャッシング

消費者金融で初めてキャッシングを利用することになりましたが、欲しいのはとりあえずの保険や携帯代金の支払いと少しのおこずかいで5万円あればいいと考えていました。

しかし、実際に申込みに行ってみると、30万円まで借り入れができると言われて少し考えました。

キャッシングはこれで最初で最後だと思っていましたし、30万円も借りるつもりはありませんでした。

しかし、10万円くらい借りることができれば、今月もそれ程切り詰めなくても普通に生活できます。

月々の返済額も全然少ないので、10万円借りることにしました。

その月は普通に生活することができ、月々の支払いも微々たるものでした。

またまたお金に困ってしまいました。

しかし、またまたお金に困る事態が起きました。

今度もくだらない理由で、パチンコに生活費をつぎ込んでしまいました。

そんなタイミングで、計ったように消費者金融から電話がかかってきました。

返済が順調なので、借り入れ限度額が増えるというのです。

何故こんなにタイミングよく電話がかかってくるのかと驚きました。

今の返済額が少しくらい増えても、問題ないと考えて、またまた生活費として追加でキャッシングを行いました。

10万円追加で借り入れしても月々の返済は問題ありません。

そこで一つの考えが浮かびました。

もっと大きな金額を借りても返済は問題ないのではないかと思ったのです。

当時はパソコンの調子も悪いので買い換えたいと思っていましたし、車もそろそろ乗り換えたいが頭金がなくて買えないでいたのです。

50万円まで借り入れができるということで、思い切って50万円そのまま借り入れすることにしました。

消費者金融には審査がありますが、審査に通らないという不安はありません。

消費者金融側から貸してくれると言ってくれているので、抵抗なく借りることができました。

今も返済中です

月々の返済の他にかかってきているのが、車のローンです。

車のローンのことについてはあまり考えずにキャッシングをしてしまったので、今は何とか返済を続けている状態です。

以前のようには遊びにお金を使えなくなってきていますが、返済はきちんと続けています。

これ以上のキャッシングは危険だと思うので、後は返済だけを頑張っていくつもりです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ