ボーナスがいきなり半額に!生活苦で借金をしたときの話

私は大阪府にある会社に勤めている20代の男性です。

『低賃金の苦しみ』

会社での仕事内容に不満は特に無かったのですが、とにかく給料が低く、普段の生活では余分にお金を持てることがほとんどありませんでした。

単身で、まだまだ若かった私は、貯金の大事さなんて全く知らず、その日を食べていれば良いという考えでしたね。

ですが、大きな出費というのはまとめてくるもので、本当に困った事態になったことがあります。

『ボーナスの額が半額に』

あるとき自分が使っている車の車検が近づいてきていたことを思い出し、その見積もりとってもらおうと店にいったのですが、そのときの額が部品交換やら色々重なり、総額で18万ほどでした。

さすがに、給料だけでは支払うことも出来ない額だったので、そのときはちょうど夏のボーナスも近く、なんとか払えるだろうと特に心配もしていなかったのですが、ボーナスの率の知らせを見てビックリ、なんと前年の半額程度まで落ちていたのです。

これでは、さすがにどうにも出来ないと思い、副業も考えましたが、あいにくその会社は副業禁止で、というよりも副業なんか出来る時間も無いほどにサービス残業をしていたので、八方塞りでした。

今から貯金するにしても、もうあと1ヶ月ほどの話で、そんなもの出来るわけもなく、途方にくれていると、消費者金融で借りるということを思いつきました。

『救いの手の消費者金融』

消費者金融とかの利用は初めてだったのですが、電話担当者の方が丁寧に親切に説明してくれて、審査もすんなり通り、約20万ほどの借入を行うことで、なんとかその車検を乗り切ったのです。

しかし、こんなに簡単に借入が出来るなんてことが知らなかった私は、なんとも自分の貯金のような感覚で借入をする癖がついてしまいました。

『破滅の手の消費者金融』
ガンガン借り入れていった私は、限度額の80万をいとも簡単に使い切ってしまったのです。

遊びやら、欲しいものもどんどん買ってしまって、今思えば全く自制なんか出来ていませんでした。

そうなってくると、一ヶ月の返済をリボ払いとしていた私は、利息分とほんの少しの元金を返済しては、また借りてを繰り返し、もう全く返す見通しなんて立たない状況です。

落ち着いて考えれば80万の借金。

安月給で、仕事以外の収入なんてゼロ。

ふと我に返り、本当にやばいと思った私は、カードを持たないようにして、返済の時だけ家から持ち出すようにしました。

そして生活費を極限まで節約し、毎月3万程度ずつ返していくことで、3年間その生活を続け、なんとか全額返済しました。

あともう一歩深みに嵌っていれば、もう返済なんて不可能なラインにいたことに恥ずかしながら気付かないでいましたが、今思えばゾッとしますね。

消費者金融は確かに便利です。

使い方によっては本当に助かるシステムなんですが、使い始めたその時から、すぐ横には大きな落とし穴があることを理解した方が良いです。

そしてその落とし穴は、落ちている実感がないだけに余計に注意しておくべきでしょう。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ