まさか!消費者金融に管理を移す?カードローンでの借金体験記

静岡県在住の30代女性です。

これまでの借金の体験をご紹介したいと思います。

●はじめてのカードローン

大学生になってすぐに、某大手メガバンクに銀行口座を作りました。

実家を離れて下宿生活をしていましたので、親からの仕送りやアルバイト代を管理するための口座でした。

それまでの貯金も50万円ほど定期で入れていました。

アルバイトとして予備校の講師をしており、かなり良い給料を頂いていました。

しかし講師同士の付き合いや、人前に立つということもあって洋服代などにお金を使うようになってしまい、金銭感覚がかなり乱れてきてしまいました。

ある日、銀行からお金を下ろしたところ、通帳に赤字での記載が。

残高が足りずに、定期預金で預けている50万円をカタに勝手に当座預金から借金をしている状態になっていました。

しかし、私は簡単にお金が借りることができる便利なシステムだと誤解してしまい、以来気軽に利用するようになってしまいました。大学を卒業する頃には海外旅行の代金などにも使っていたため、残高が50万円にまで。つまり借りられるギリギリまで借りてしまっていたのです。

●就職してからの借金

しかし、社会人になりまとまった給与が毎月振り込まれるようになったので、簡単に返済できると考えていました。

実際毎月の返済は滞りなく済ませていたため、1年後には銀行から100万円までは自動的に融資しますとの連絡が入りました。

ここでおとなしく返済をすすめていれば良かったのですが、付き合っていた男性がかなりオシャレに気を使う人であったため、洋服代などにどんどんお金を使ってしまい、あっという間に借金は100万円に。

さすがにこれはヤバイと気が付き、ボーナスなどを返済に使って50万円にまでは一旦戻しました。

また、この頃には毎月に払っている利息の金額を計算すると大変な無駄遣いをしていたということにようやく気付きました。

100万円借りていた頃には、毎月2万円を返済していたのですが、そのうち利息として1万円がとられていたのです。

つまり毎年12万円も利息に回っていたということです。

●銀行カードローンのはずがサラ金の借金に?

ようやく返済を進めていたころに、銀行から一通の封書が届きました。

それには、現在銀行の管理下に置かれているカードローンを消費者金融会社の管理に移すという内容でした。もちろん銀行の自由ですから問題ないのですが、借りている者としては銀行からの借金だからと少しは安心していた面もあったので、かなり焦りました。

消費者金融から借金をしていたという履歴も残ってしまうでしょうし、利息なども変わってしまうかもしれません。

ここで本気でお尻に火がついた私は、一刻も早く返済するべく毎月10万円ずつ返済しました。

おかげで5ヶ月で完済することができましたが、結局消費者金融会社に移管された後のことだったので、履歴には残ってしまったと思います。

初めは無知ゆえに気軽に借金をしてしまいましたが、振り返ると7年近くにわたって返済を続けていました。

とてももったいないことをしたと思っています。

銀行からのカードローンだからと安易に手を出すのは本当にやめたほうが良いです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ