初めてのローン、人生の転落

20代、女性、東京都在住

初めてのローン

高校までを東北の田舎で過ごし、卒業と同時に就職で上京してきました。

高校を奨学金を使って通うような貧乏でしたが、消費者金融などでの大きな借金というのは無い家庭環境で過ごしてきました。

借金は払えなくなると取り立て屋に追いかけられる。というドラマくらいのイメージしか無く、恐いと思っていました。

消費者金融はもちろん、クレジットカードも気付かない内にどんどん使ってしまうのではという恐怖でできるだけ使わないようにしていました。

しかし、仕事をし始めて1年半ほどたった頃です。

某CD/DVDレンタルショップから”お誕生日の方へ”と、有名エステ会社の割引チケットが送られてきました。

丁度年頃でしたし、友達も最近脇毛の脱毛していると聞いて気になっていたので、私はそのエステへ予約を取り脱毛をしてみることにしました。

チケットは1万円分無料になるものでしたが、実際に行って話を聞くと、1万円では足りないということでした。

・毛穴は沢山あり、一度抜いてもまた別の毛穴から生えてくるので合計で6ターンくらい脱毛しないと目立たなくはならない。

・脱毛は時間制で、10分○○円といった計算になり一回の施術では片脇の半分くらいしか抜くことは出来ない。

こんな感じの内容で話され、何度か通って脱毛しないと意味が無いので、それならぜひチケットを買って欲しい。その方が割安だからといった感じでお話を受けました。

お金がないと話すと、一番安いチケットは10万円のがあり、ローンで払えば一度に払うわけじゃないから大丈夫。といった感じで、トントン拍子に話は進み、結局ローンを組んでしまいました。

結局10万円のチケットでも6ターンの脱毛には到底足りず、次のチケットも勧められて逃げられなくなりそうだったので、金額がいくらか残った状態で行かなくなってしまいました。

そしてローン自体はその年のボーナスで払い切りました。

再びのローン

その後転職をしようと会社をやめ、転職先を探しつつフリーターをしていた頃の話です。

アルバイトを3つほど掛け持ちしていて、その日は夜まで家電量販店にて実演販売の仕事をしていました。

帰りに駅の催事場で、着物の催事をしていました。

掛け持ちしているアルバイトの一つで着物を着て配膳をするアルバイトをしており、自分で着物を着られるようになっていたので興味があり、見ていると店員の方に声をかけられました。

アルバイトの掛け持ちで、金銭的に少し潤っていたこともあり、洗える着物に帯などの小物を付け3万円ほど買いました。

そして、その際の店員の方とそれをきっかけに親しくなり、プライベートでも会うようになりました。

そんなある日、ぜひ招待したい催事があると誘われました。

そんな高級着物を買うほどの余裕もないし、やめておくよと言ったのですが、買わなくてもいいからぜひ来てと口説き落とされ行くことにしました。

実際行ってみると、沢山の綺麗な着物があり、とても楽しく過ごしました。

招待してくれた店員の方が付いて回ってくれて、気に入ったの有った?と聞いてきたりこれ似合うね!なんて話している内に、引くに引けなくなり結局30万円ほどの着物をローンで買ってしまいました。

その後もまた同じような手口で宝石の催事に招待された際に指輪を買うように勧められ、一悶着ありましたがこれは結局買わずに済みました。

カードローン

1年程フリーターをしていましたが、新しい就職先を見つけ新しい会社に入社しました。

その頃には私も金遣いが荒くなって来ており毎月給料日前は厳しく、貯金をしている余裕を持てませんでした。

そんな時に付き合っていた彼が仕事を辞めることになったのですが、実は社長にいくらかお金を借りていて返さないと辞められない。というのです。

彼は、職場環境が合わなかったらしく、みるみるうちに身も心もボロボロになっていたのでなんとか助けてあげようと話をきいていました。

彼がその前の年に引越をしたのですが、その時に資金が足りず社長に借りていたのと、毎月給料が足りず前借りで借りていた分など含めて30万円ほどだというのです。

さすがに呆れましたが、親にも頼れず一人で悩んでいる彼を放っておけず、遂に私はカードローンに手を出してしまうことになりました。

というのも、彼はすでに新しいローンを組めないほどに消費者金融などから借りており、カードの審査も通らない程だったのです。

たったの数年で、私も借金持ちになってしまい、今でも返済し続けています。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ