浪費癖がひどい!カードローンの返済のために親から借金

30代 女性 大阪府

私の浪費癖

私は元来からとても遊びに行くことが大好きで、仕事が休みになったら飲みに行くようにしたり、ショッピングに行っていました。

飲みに行く時も少し高級なバーに行くことが多かったですし、ショッピングでもお金をたくさん使うことが多かったです。

ショッピングに関しては、自分がブランド品が好きなのもありますので、ストレス発散も兼ねてあまり着ることがない服を買ってしまったり、ブランド品のバッグを購入することが多くなっていました。

それだけではなくて、まとまった休みの日には旅行に行くことも多かったです。

北海道や沖縄に繰り返し行っていましたので、行く度に10万円以上は軽く使ってしまう状況でした。

もちろん自分のOLとしての給料だけで払うことが出来ませんので、だんだんとお金がなくなってしまうことになりました。


遊興費のためにカードローンの利用

当然お金がなくなってしまうので、あまり考えもせずにカードローンを利用することにしました。

私は仕事をしていますので、カードローンの審査も通っていつでもお金を借りれる状態になりました。

そうすると自分のお金になったような思いになってしまって、さらに繰り返してお金を借りて遊興費に使ってしまっていました。

カードローンの利用料金もどんどんと増えるようになってしまい、気付いた時には200万円を超える借金になってしまいました。

そうなると自分で借金を返済出来ないような状況になってしまい、カードローンからの督促も多くなってしまって、精神的にも辛い状態になっていました。

このまま自分ではどうすることも出来ないと思ったので、親に相談することにしました。

親に立て替えてもらっての借金

親に相談したところ、今までにないくらい怒られました。

今まであまり怒られた経験がなかったのですが、特に父から怒られてもう無駄なお金は使うなと何度も言われました。

自分としてはあまり気が進まなかったのですが、借金を立て替えて欲しいとお願いしました。

そうしますと、それまでは怒っていた父なのですが借金の立て替えについては承諾してくれました。

私としては、さらに怒られると思っていましたので、親の優しさに逆に辛くなってしまいました。

このように親に迷惑を掛けることがないように、これからは無駄なお金を使わないように誓いました。

結局200万円を借りて一括で返済して、それからは毎月払える範囲で親にコツコツと返済して、何とか親から借りた200万円は返済することが出来ました。

金利がなくなったので、気持ち的には楽に返済することが出来たのが良かったです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ