30代で300万円の借金をして返済した経験談

30代、男、東京都

借金は今までに300万円ほどしました。

カードローン、キャッシングが主でクレジットカードもあります。

小さいころに田舎に住んでおり、大学と同時に都市に出て生活を始めると誘惑の多さにあっさりと負けてしまいました。

子供の頃にはお小遣い生だったので買いたいものはほとんど我慢している状況でしたから大学で自由に使えるお金が増えるとテレビやパソコン、携帯電話を買って、あとはゲームも買いました。

大学生の頃はまだ細かい買い物だけでしたから、大きな買い物と言っても車くらいで中古車で金額は30万円くらいです。

それで「欲しいものが買える」喜びを知って大学を卒業しました。

学生の頃は奨学金以外に借金はしていません。

社会人になり、欲しいもののグレードが上がり、車や住宅などに興味が行き、海外旅行も経験しました。

借金をし始めたのはその頃です。

初めはクレジットカードで借りていましたが、キャッシングに移りました。

「きちんと返済すれば問題ない」というのは分かってはいましたが、どうしてもお金が手元に残らずに使ってしまいます。

それで借金返済のために借金をする泥沼に入りました。

その結果300万円もの借金をしてしまったのです。

200万円を超えたあたりからお金が借りにくくなりましたので、何となく危機感は持っていました。

審査のたびに返済について聞かれ、借金総額も明細書で分かっていましたから何とかしたいと思いながらどうすれば良いのか分からずに借金を続けました。

300万円を超えた時に、総量規制が始まって借金ができなくなりました。

そこで初めて返済を真剣に考えました。

どうしていいのか分からずに、ネット上の情報で勉強して、今まで黙っていたのですが親にも相談しました。

親は1円も出してくれませんでしたが、その代わりに司法書士の人を紹介してくれました。

その司法書士の人と相談してカードローンによる借り換え返済をすることを教えてもらい5年にわたる返済計画が始まりました。

まずはクレジットカード会社5社をカードローンで借りたお金で返済をして、借金先を絞っていきました。

借金返済先が多いと返済日がバラバラで引き落としのための振り込みが面倒ですから計画が立てにくくなります。

そこで返済日を1日~3日に絞って返済して、生活費を確保して、安定的に返済することができました。

これら全て司法書士の人が教えてくれましたから、私一人ではどうすることもできませんでした。

5年はあっという間でもあり、長かったような気もします。

お金を借りるよりも返す方がエネルギーを使うことがよく分かりました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ