自動車学校に行くために友人から15万円を借りましたが…

私は愛媛県在住の20代男性です。

私がお金を借りたのは2年前の大学4回生の時で、金額は友人から15万円です。

何故そんな金額を借りたのかと言うと、自動車の免許取得のためです。

友人が「一緒に車の免許を取りに行こう」と言ってきたのが始まりでした。

「そこまでお金を持っていないよ」と返すと、「足りない分は貸してあげる」と言う流れで、15万円という大金を借りることになりました。

こうして友人と自動車学校へ通うことになり、おかげさまで免許はスムーズに取ることができたのですが、返すのがもう大変です。

私は当時バイトをしていたのですが、親からの仕送りはそこまで多くなかったので、月に1万円を返すのが精いっぱいの状況でした。

(友人の優しさ)

友人は「最初に頼んだのはこっちだし、返すのはゆっくりで構わないよ」と、謝る私に言ってくれるのですが、金額が金額なのでこちらとしては心底申し訳ない気分でした。

その数ヵ月後、友人は大学を卒業して仕事に就いたので、会う機会が減ってしまい、返すタイミングもそれに比例して減っていきました。

当然さらに申し訳なくなってきます。

振り込みを提案しましたが、「そこまではしなくていいよ」と断られたので、会うたびに少しずつ返していきました。

また、運悪く出費が重なり返せない月が出てくることがあったのですが、友人は「それならいいよ、気にするな」と言って待ってくれました。

(返済完了)

そして、ようやく全額返しきったのが今年の6月です。

期間にして、約18ヶ月程度かかりました。

その間、友人は文句を全く言わずに全額返しきるまで気長に待ってくれました。

私は本当にいい友人を持ったと思っています。

相手も私の事を信用してくれていたからこそ、無利子で15万円もの金額を貸してくれたわけですし、ずっと待ってくれました。

この金額を通常の機関から借りたら返済にはいくらかかったか、どれくらいの期間がかかったか、想像したくありません。

どこから借りたとしても、私の状況に変わりはないわけですから、今回以上に返済に時間が掛かったでしょう。

(私の最高の友人)

友人には非常に感謝してますし、今でもお互い時間ができたら遊んでいる仲です。

相手は「構わないよ」と言ってくれますが、無理やり食事を奢ることもありました。

私は、ずっとこの友人に感謝をし続けますし、もし友人がお金が足りない状況に出くわすことがあれば手を差し伸べるつもりです。

一番は私を含め、今後そういったことが無い事ですが、万が一そういうことがあれば一切迷わずに必ず助けます。

恩返しという意味も当然ありますが、何よりも私はその友人のことを信じていますので。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ