自転車趣味が高じて自宅暮らしでも借金

私は20代の男性で、神奈川県に住んでいます。

社会人になった当初から浪費癖が抜けず、特に実家暮らしを続けているのも原因なのか、いつまでたっても貯金がはかどりません。

結局結婚に向けた資金も作れないので、真剣に交際をしようという気持ちをもてないでいてこの年になってもまだ独身という状況です。

実家暮らしだと貯金がなくても家はあるし、ご飯は自動的に出てきますし、多少の交際費にさえ気を使えばあとは趣味に使えるという状況が私を甘えさせてしまっているのでしょう。

借金の原因は自転車

自転車は近年かなり注目されているスポーツで、よくマナーの悪い人が事故などを起こして批判されているニュースを見ます。

私自身、スポーツ趣味として自転車を楽しんでいますが、これが意外とお金がかかる趣味です。

軽自動車ならば百万円程度で十分手に入る時代ですが私は既に自転車趣味に軽自動車二台分近くはつぎ込んでいる気がします。

自転車は車体だけで30万円程度するものもあり、それに加えてホイールも十万円はくだらない高級なものを使っていると、周辺器具も含めて百万円をくだらない金額を使っているなんてことが良くあります。

しかもそれの自転車を二台持ち、三台持ちするとさらにお金がかかるのです。

この自転車趣味につぎこむようになったのが借金をするきっかけでした。

自宅でお金を借りる危険性

社会人になってからこの趣味が加速していき、学生時代に乗っていたものから次々とパーツをグレードアップしていき、最終的にはそれでは足りず新しいフレームから欲しくなってしまいました。

ちょうど年度ごとのモデルが切り替わる時期で、定価が50万円するフレームが30万円強で売られているのを見つけてしまい、思い切って欲しくなったのです。

しかし、そのときは買おうにも貯金がなかったのです。

そこで、キャッシングを始めて利用しました。親や周囲にばれないように電話でいろいろと質問すると自宅には何か問題がない限り督促など以外では電話はかけないし、ダイレクトメールもない、必要な書類は店舗に受け取りに来る形でかまわないと聞きました。

これでまだ親には借金していることはばれていません。

返済は計画的に

社会人だから定期的に収入はあるものの、意外に30万円を返すのはきつかったです。

いろいろ飲み会などを断ってなんとか返済まで持っていけたので、ひとり暮らしの方ならば利息だけで首が回らなくなりそうです。

自分の能力に見合った返済計画が必要ですね。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ