お金はさびしがり屋! さびしい人には寄ってこない!

50代 男性 岡山県

私は、借金癖があるのか、20年間で600万円の借金がありました。

若い時の借金は買ってでもしてしまった!

借金の原因は、ほとんど遊びに使ってしまいました。当時、私は、大阪、名古屋で一人暮らし!遊び人でした。

「飲む」「打つ」「買う」の三拍子!当時給料の良い会社にいたのも借金癖に拍車を掛けてしまったようです。

ついに、600万円!当時の年収とほぼ同じでした。今から7~8年ぐらい前のことです。

「遊びは仕事の原動力!」「借金は仕事の原動力!」と思って借金を繰り返していましたが、さすがに600万はびっくり!

そのころ、会社でちょっとしたトラブルを起こして会社を辞めざる負えなくなりました。

退職金は600万円。すべて借金で飛んで行ってしまいました。

バカは死ななきゃなおらない!

その後、地元に帰って、再就職をしましたが、やはり、借金癖はなおらなかったですね…5年間で300万円ぐらい…。

「バカ野郎」ですね… 今回は、消費者金融やクレジット会社の督促状を両親が見つけてしまい騒動になってしまいました。

当時、年収が240万円でした。また、年収と同じぐらい借りてしまった。

今回は、「飲む」「打つ」は無かったですが、女性にお金もないのにお金を貸していたり、慣れない現場からストレスで「ドガ喰い」。

食費にお金を使っていました。また、「買う」も多少あったかな… とにかく「浪費」が原因でした。

「借金はいくらあるのか!」と両親に問い詰められる日々。また、督促の日々。

正直、困ってしまいました。

両親には「200万円借金ある。」といって、親に出してもらうことに…50も過ぎたおっさんが恥ずかしい話です。

両親に出してもらった200万円で消費者金融分は帳消しにしました。

その後、過払い請求の文字を新聞で見ました。

会社の同僚からも借金の件で、「過払い請求をしたらどうか」という話か上がり、同僚のお世話になった司法書士さんへ伺いました。

現在借りているところ以外の2件の過払い請求を行いました。1年がかりになりましたが、2件の過払い約100万円が認められ、全額返済することができました。

その後、過払い請求で払い終わった2件の消費者金融の過払い請求を起こしました。金額は2件で100万円です。
「あとは預金ができる!」と楽しみにしておりました。

人はいいのは「バカ」のうち!

しかし、お金は、「お金にさびしい人」には寄ってきません。

勤めていた会社が倒産しかかり、同僚から、「どうしても取引先に買掛金を払わなければならなくなった」と言って、「2件分、計150万円貸してくれないか」と持ちかけられてしまいました。

私は、2件分、計150万円を貸してしまったのです。

100万円は過払い金を、残りの50万円はまた借金をしてしまいました。

翌月、会社は営業不振のため全員解雇。会社も倒産となりました。

結局、150万円は「どぶにすててしまった」のです。

現在、50万の借金を細々返済している状況です。

「お金はさみしがり屋!お金がさみしい人には寄ってこない!」まさにそのとおりです。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ