若い独身社員がまっさきにクビ!やむを得ずサラ金に頼ることに…

私は30代の男性会社員で、神奈川県に住んでいます。

社会人になって十年ほど同じ会社で勤め続けていましたが、一時会社の不調により解雇されてしまっていてフリーターをやっていた時期があります。

そのときに消費者金融に頼ってなんとか生活をやりくりした体験談をお話します。

借金をしてしまったきっかけ

冒頭のように、会社が不景気で人員整理をすることになり若い私のような独身の社員が真っ先に対象になりました。

最初告げられた時はどうしたものかと目の前が真っ暗になりながら地方にある田舎の実家に帰りました。

失業給付を受けながら新しい勤め先探しをしましたがなかなか不景気のあおりで求人も思わしいものがなく、やむなくフリーターとして工場の夜勤などをして食いつないでいました。

実家があるので住むところに困るという状態ではありませんでしたが、それでも年老いた両親に負担はかけられず、急な入用の場合、そのときに消費者金融に頼り始めました。

借金のやり方について

フリーターだとなかなかお金を借りるのは難しいのではと思われる方も多いですが、意外にも私にお金を簡単に貸してもらえました。

現状はフリーターであること、求職活動の身であること、実家住まいであることといった条件が組み合わさってお金を貸せるという判断になったのでしょう。

主に最初は初回無利息のところを使って、アルバイト代が入ったらすぐに返すという繰り返しで利息が発生しないようにしていました。

しかし何社も利用していると断られるところが出てきたりして結局同じ会社を利用せざるを得なくなったこともありました。

借金の完済について

長年お金を借り続けていたので、限度額も大きくなり自分を抑えるのに必死になり始めたころ、ようやく地元の小さな企業に雇ってもらえることができました。

アルバイトでしていた工場の夜勤の作業経験が生かせる職場ということで非常に助かりました。

それからはまずは完済するまで一切無駄遣いせず、むしろフリーター時代より勤勉に働きました。

一時的なことなのかもしれませんが、フリーター時代よりも社員になってからが手取りが少なかったために、予定通り返済していくためにはより一層頑張って働いて認めてもらう必要があったためです。

就職時点で30万円ほど借り入れ残高がありましたが約二年ほどかけて完済することができました。

消費者金融などと付き合いはないほうがいいですが、それでも結婚式などで入用なこともあるでしょう。

自制心を持って利用することをおすすめします。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ