パチンコに狂った男、借金返済への苦難の道…

30代、男性、北海道在住

・借金をした経緯について

初めて借金をしたのは24歳の時でした。

当時子供が生まれたばかりの私の家は貧しく、お小遣いが月1万円という状態のため昼食も節約しないといけない毎日でした。

そんな時に息抜きに友人に勧められたのがパチンコでした。

1万円の小遣いを少しでも増やそうと週に1度のペースで通い、最初は負け続けだったのですが時間が経つにつれてトータルではプラスを維持できるようになりました。

その結果パチンコにどっぷりとはまってしまい、最終的には200万円の借金を背負う羽目になりました。

もちろん家族に言えるはずもなく、一人で家を出て借金を返済していく計画を立てました。現在では何とか完済して生活をしております。

・初めてのキャッシング会社の利用について

パチンコ資金として初めて利用したのはレイクというキャッシング会社です。

当時は無人契約機が非常に多く、誰にも顔を合わせずに借金をすることが可能でした。

正社員として働いていた私は問題なく審査を通り50万円の借金をすることになります。

その後アコム、プロミスといった有名キャッシング会社からも借り入れをすることになり、最終的には200万円程度の借金を抱えることになります。

当時はグレーゾーン金利の状態でしたので、年利は29.2%という高額な金利でした。

利息だけでも月に8万円程度の支払いを余儀なくされ、何とか返済をし続ける日々が始まります。

・弁護士に相談をして任意整理の手続きへ

2年ほど返済を続けていましたが、利息を払うだけで限界の状態が続き精神的にも辛くなりました。

そんな時に弁護士の借金相談のチラシを見つけて無料相談を受けることになります。当時は過払い金返済の話題が頻繁にテレビなどでも紹介されており、私も少しでも借金を減らそうと藁にもすがる思いで相談を持ち掛けました。

相談した結果、2社は完済し1社も残り10万円程度の借金まで減額されることになりました。

1日16時間ほどの労働で月に25万円程度の給料を頂いていた私に、やっと何とかできる希望が見えてきた時でした。

その後半年かけて残りの借金を完済して現在に至ります。

現在ではグレーゾーン金利もなくなり借金をしやすい環境になっています。

しかし、計画性のない借金は身を亡ぼす危険性もあります。

じっくりと考えたうえで借り入れをするかどうかを決めてください。

出来る事なら借金をしないことにこした事はありませんが、どうしてもお金が必要な時には助けとなってくれますので、有効に活用していただきたいと思います。

何か悩みがある時には弁護士の方に相談してみましょう。適切なアドバイスをもらえると思います。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ