週刊誌広告で見つけた消費者金融業者の利用体験記

40代 男性 京都府

■消費者金融を利用した理由

20代前半に、パチンコでアルバイトの給料をすべて使ってしまい、消費者金融から5万円の融資を受けました。

当時は、連チャンデジパチという一撃当たれば一度に数万円儲けることができるという機種の全盛時代であり、完全にはまってしまっていました。

1か月分のアルバイト代であった9万円を、1日ですべて使い果たしてしまったのです。

9万円使用する間、一度も大当たりを引くことができませんでした。

連チャンすれば逆転できるという考えとともに、台を離れてしまうと後から来た客にとられてしまうと思い、台を離れることができなかったのです。

冷静さを完全に失ってしまい、生活費にも事欠く状態となってしまいました。

向かったのは、大手の業者であり、店頭窓口から申し込み、5万円の融資を受けることができました。

■大手業者から借りることが出来なくなった理由

その当時は、今でいうパチンコ依存症のような状態でした。

休日だけではなく、仕事帰りや仕事の昼休みにも毎日パチンコをうっていました。

負ける方が多かったので、当然お金は足りなくなり、大手5社から総額で100万円を超える借金をするようになっていました。

消費者金融を利用していたことが、両親にばれてしまい、借金の肩代わりをしてもらう事になりました。

2度と借金をしないという事が肩代わりの条件となっており、大手業者には2度と利用しないように電話がかけられました。

借金を肩代わりしてもらって、数年が経過したころに、再び借金をする必要が生じてしまいました。

働いていた勤務先が倒産してしまい、アルバイトを見つけることも上手くいかず、生活費が足りなくなってしまったからです。

大手業者に申し込んだのですが、親との約束があるという理由で、融資はすべて断られてしまいました。

■週刊誌に載っている業者に電話をかけた結果

そこで考えたのは、週刊誌広告に載っていた業者を利用するという方法でした

100パーセント即日融資可能という魅力的な言葉が掲載されていました。

早速電話をかけたのですが、そこは消費者金融業を行っているのではなく、利用しやすい業者を紹介するという内容であったり、電化製品やゴルフボールを安く仕入れて、お金を作る方法などを教えてくれるという内容でした。

電気店やスポーツ用品店を何件か回ったのですが、業者が指定する金額まで値下げを行う事ができませんでした。

そこで利用しやすい業者を教えてくれる側を利用する事にしました。

紹介された業者に審査に申し込んだところ、50万円の融資を受けることができました。

紹介業者には謝礼として10万円を送金しました。


サブコンテンツ

計画的な利用が必要です

このページの先頭へ